話題を醸(かも)す !!

報道各社のニュース記事や巷(ちまた)の話題などを 「みそやの大将」が醸します。✪
MENU
発酵・醸造食品

飲む美容液!驚きの“甘酒”パワー

1_1.jpg
檀れいさんや平子理沙さん、道端アンジェリカさんなど、美肌自慢の女性たちが愛飲し、ここ数年で売り上げ急増中の「甘酒」。
米麹で作る昔ながらの甘酒は、ノンアルコール、ノンシュガーで、必須アミノ酸やビタミンB群、オリゴ糖などが豊富に含まれており、専門家も「ヨーグルトに勝るとも劣らない」と太鼓判を押すほど。
近年の実験でも、乾燥肌がプルプルのお肌に改善した、スポーツの疲れが軽減した、便通がよくなったなど、さまざまな美容・健康効果が報告されています。
番組では、甘酒を飽きずにおいしくいただく飲み方のバリエーションや、安いお肉やお魚がふっくらジューシーになる料理法、年末年始におすすめのもてなし料理を紹介。
さらに、甘酒を家庭で簡単に手作りする方法もお伝えしました。

飲む美容液、甘酒。驚異のパワー
1_2.jpg

甘酒を飲み始めて2年になる、モデルの道端アンジェリカさん。寝る前、小腹のすいたときなどに飲むと、よく眠れ、翌朝の肌の調子やお通じにも効果があるといいます。
甘酒を4週間、女子大生に飲んでもらったところ、肌のきめが整い、乾燥肌や吹き出物が改善。大学の陸上長距離選手に合宿中に毎日飲んでもらい、飲んでいない選手と比較したところ、30%の疲労軽減効果がありました。
番組では、あさイチサポーターに2週間甘酒を飲んでもらい、肌の状態や体調の変化を調べました。その結果、肌トラブルや疲労感が有意に改善。「頑固な便秘に悩んでいたのに毎日出るようになった」「寝起きがよくなりイライラが減った」といった報告が寄せられました。

甘酒のおいしい飲み方
1_3.jpg

ここ数年、売上げを大きく伸ばしている甘酒。新潟にある酒造メーカーの甘酒工場を訪ね、甘酒のおいしい飲み方を教えてもらいました。甘酒にレモンやしょうがをいれたもの、ジュースや豆乳、ほうじ茶と合わせたもの、ジャムやヨーグルトと合わせたラッシーなど、いろいろなバリエーションで甘酒を楽しみました。甘酒と合わせることで、まろやかに飲みやすくなり、すっきりとした味わいになりました。甘酒は酸味のある果物と合い、ビタミンCもとれます。混ぜるときの基本は1対1です。

万能調味料“甘酒”
1_4.jpg

甘酒を使った料理を、“発酵王子”こと料理人の伏木暢顕さんに紹介してもらいました。
番組では、1日甘酒に漬けたさけと、そのまま焼いたさけを食べ比べたところ、甘酒に漬けたものは劇的にしっとりおいしくなっていました。ハンバーグのたねや鶏のから揚げの下味に甘酒を使うと、いつもの料理がよりふっくらジューシーに仕上がります。
甘酒の持つ酵素の働きで、食材のタンパク質がアミノ酸に、でんぷんがブドウ糖に分解されうまみや甘みがアップ。素材の味を邪魔せず、まろやかな味わいになるのです。
人の集まる機会が多い年末年始にオススメの、手まりすしと鶏だんご鍋もご紹介しました。
すし酢に砂糖の代わりに甘酒を使った手鞠すし。お酢のつんとくる感じがなく、ネタの味が引き立つ優しい甘さです。鶏もも肉のミンチに甘酒を混ぜた鶏だんごと、甘酒に漬け込んだ手羽元を使った、鶏だんご鍋。甘酒の効果で、鶏だんごは、つなぎを使わなくてもふっくら、手羽元もプルプルの食感になります。



手鞠すし
甘酒を砂糖代わりに使った酢飯でつくる手鞠すし。
材料
お米
2合
すし酢の材料
お酢
80ミリリットル
甘酒
90ミリリットル

小さじ2
すしだね
お好みで
作り方
ごはんを炊き、すし酢の材料は混ぜ合わせておく。
ごはんが炊けたら、盤台に移す。すし酢を加え、うちわであおぎながら切るようにまぜ10等分にする。
すしだねは大きいものはカットしておき、ラップの中央におき、(2)のごはんをのせて茶巾絞りにし、器に盛る。



鶏だんご鍋
甘酒で鶏肉のうまみと食感をUP。
材料・4人分
鶏だんごの材料A
鶏びき肉(もも肉だけ、あるいは、もも肉と胸肉半々で)
250グラム
ネギみじん切り
大さじ1
しょうがみじん切り
小さじ1

小さじ2分の1
甘酒
大さじ1
手羽元
4本

小さじ2分の1
甘酒
大さじ2
白菜、春菊など季節の葉物野菜
適宜
ネギ
適宜
万能ネギ
適宜
キノコ類
適宜
ポン酢
150ミリリットル
甘酒
大さじ1
昆布だし
1リットル
作り方
Aを混ぜ合わせ、保存袋にいれて、1日冷蔵庫で寝かせる。(時間のないときは常温で4~5時間おく)
手羽元は、塩をふってよくもむ。水けを拭き保存袋に甘酒と一緒にいれて袋の外からもみこみ、1日冷蔵庫で寝かせる。(時間のないときは常温で4~5時間おく)
手羽元の甘酒を軽く取り除き、土鍋に入れ、冷めた状態のだし汁をいれて弱火にかける。アクを取りながら20分ほど加熱する。
食べやすい大きさにカットした野菜、キノコ類を鍋に入れ、野菜に火が通ったら、火を止めて、(1)の鶏ひき肉を丸めて入れ、フタをして弱火で加熱し、火が通れば完成。
塩を少々ふっていただく。またお好みで甘酒ポン酢をつけていただく。



ハンバーグ
甘酒をつかった、ふっくらジューシーなハンバーグ。
材料
A
合いびき肉
400グラム
甘酒
大さじ2と2分の1

小さじ1
こしょう
少々
たまねぎみじん切り
2分の1個
サラダ油
大さじ2
作り方
フライパンにサラダ油大さじ1をひき、たまねぎを炒める。しっかり火が通ったら、あら熱をとり冷ましておく。
Aをよく混ぜ合わせ、粘りけがでたら、(1)のたまねぎを合わせてさらによく練り合わせ、保存袋にいれ半日から1日冷蔵庫で寝かせる。
弱火で熱したフライパンにサラダ油大さじ1を入れ、(2)をじっくり焼き、火が通ったら器に盛る。



鶏のからあげ
甘酒を使ったふっくらジューシーなからあげ。
材料
鶏もも肉
1枚
A

小さじ1
甘酒
大さじ1と3分の1
セロリみじん切り
小さじ1と2分の1
にんにくスライス
小ひとかけ
しょうがスライス
小ひとかけ
かたくり粉
揚げ油
作り方
鶏肉は食べやすい大きさに切り、塩をふってよくもむ
保存袋にAを入れて混ぜ、(1)を入れて袋の外からもみ込み、半日から1日冷蔵庫で寝かせる
鶏肉についてタレをぬぐい、かたくり粉をまぶし、170度の油できつね色になる手前で揚げて取り出す。10分間おく。
再度、180度の油で、きつね色になるまで揚げる。器に盛る。



江戸時代から続く甘酒屋
東京神田にある江戸時代から170年続く甘酒屋を訪ねました。
店の看板姉妹の天野寿美子さんと史子さん。嫁いで半世紀以上、毎日甘酒を飲んできたおかげか、肌がとてもきれいで、83歳と69歳という年齢が信じられないほど。
店の地下にある「室」(むろ)と呼ばれる場所で、甘酒の元になる米麹が作られていました。温度湿度が年間を通じて一定に保たれる室は、米麹作りに最適な場所になっています。
できたての甘酒はジャムのように甘く、パンに塗ったりヨーグルトにつけるとおいしいという寿美子さん、史子さん姉妹。1日立ち仕事という二人を支えているのは甘酒パワーでした。
簡単! 手作り甘酒
自宅でも簡単にできる甘酒造りを、発酵料理研究家の舘野真知子さんに教えてもらいました。
餅米(普通のお米でも可)を使っておかゆを作り、水と米麹をまぜ、魔法瓶に入れて60度で8時間保温するとおいしい甘酒ができます。ポイントは温度管理。麹の酵素は55~60度でよく働くので、冬場は4時間たったところで、鍋に入れ弱火で1分加熱し直し。再び魔法瓶に戻して4時間置けば、おいしく仕上がります。小瓶に小分けにして冷蔵庫に入れれば1週間はもちます。冷凍保存すれば1~2か月は大丈夫。保存袋に薄くのばして冷凍すると、糖度が高いためカチカチに凍らず、使うときに好きな量が取り出せます。
甘酒
自宅で簡単手軽に作れる甘酒。
材料
もち米
2分の1合

300ミリリットル
乾燥米麹
70グラム
500ミリリットル保温ポット
作り方
もち米を洗い炊飯器にもち米、水200ミリリットルを入れて30分ほど浸水して、おかゆ機能で炊く。
炊きあがったら、お釜を取り出し、水100ミリリットルを加え混ぜ温度を65度ほどに冷ます。
米麹を加えて混ぜる。(温度が60度程度になる)
保温ポットに熱湯を入れ振って全体を温める。
保温ポットに(3)を入れフタをして少し緩める。
4時間ほど置く。
鍋にあけて弱火で1分ほど混ぜながら温める。(60度ほどになる)
再度、保温ポットに戻し、さらに4時間置いて出来上がり。
保存は保存容器にたっぷりといれて冷蔵庫で1週間程度。
ジッパー付き保存袋に入れて冷凍保存で1~2か月程度。



ゲスト:君島十和子さん、鈴木拓さん
VTRゲスト:伏木暢顕さん(料理人)、舘野真知子さん(料理研究家)
リポーター:三輪秀香アナウンサー



平成28年12月5日 放送

詳細は↓をCLICK
あさイチ
logo_20161206114407d59.png
NHK総合 毎月曜~金曜
午前8時15分~9時54分


 このところ麹から造られた甘酒が盛んにマスコミ等で取り上げられ マイナーな存在から一躍脚光を浴びようとしている。
従来、一部祭事等ではふるまわれたりすることもあったが需要期も冬季にほぼ限られ、購買層も高齢者が多く、いずれは忘れ去られるのではないかと言う危惧も覚えていた。
現在ではこの記事にもあるように、肌にいいなどの効用が認知され、TOPモデルや有名女優の推奨を受け幅広く受け入れられようとしている。


参考: ↓下記をCLICKしてご覧ください。
発酵食についての間違った知識〜甘酒編①
発酵食についての間違った知識〜甘酒編② (ゲストとして番組にも登場した 醗酵王子こと 伏木暢顕氏のコラムより)

スポンサーサイト
技術・研究

「海水」で生まれ変わった沖縄・久米島

地方創生、成功のカギはオンリーワン創出
林 英樹(はやし・えいき) 2016年11月28日(月)
日経ビジネス記者

大阪生まれ。神戸大学法学部卒業後、全国紙の社会部記者として京都・大阪で事件を取材。2009年末に日本経済新聞社に入り、経済部で中央省庁担当、企業報道部でメディア・ネット、素材・化学業界などを担当。14年3月から日経BP社(日経ビジネス編集部)に出向し、製造業全般を取材している。
※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

01_20161128113838acc.jpg
沖縄の離島、久米島。透明度の高い海はダイバーに根強い人気がある
 沖縄本島から約100km西方に位置する久米島(沖縄県久米島町)。人口1万人弱の小さな離島が今、世界から注目を集めている。
 きっかけとなったのが、海底から汲み上げられる海洋深層水の有効活用だ。久米島では2000年、水深約600mの海底にパイプを設置。パイプを伝って1日当たり約1万3000tもの海洋深層水を取り出している。海洋深層水の取水設備は北海道や富山県などにも設置されているが、取水量は最大でも同4000t程度。久米島の取水量は突出して多い。
 海洋深層水はただの海水ではない。大きく分けて3つの特徴がある。1つ目は低温性。表面近くの海水は太陽光の影響を受け、22℃~30℃と季節によって水温が変化するが、海洋深層水は年間を通じて8℃前後と低位で安定している。
 海洋深層水には植物の成長に必要な窒素やリン、ケイ酸といった栄養分が多く含まれているのも特徴だ。さらに、細菌などの微生物、汚染物質の数値は表層水の100分の1程度と、清浄性にも優れている。
 久米島では海洋深層水を有償で民間企業などに提供。海洋深層水の特徴を生かしたまちづくりを進めている。
 「世界にも例がないユニークな試みということでこれまでに約180カ国から視察団がやってきた。おかげさまで『海洋深層水の島』というイメージが定着できました」。海洋深層水の活用事業を取りまとめる久米島町プロジェクト推進室の中村幸雄室長はこう胸を張る。

世界唯一の発電所

 海底から引き上げた海洋深層水は、まず海洋温度差発電所で活用される。温かい表層水と冷たい深層水との温度差を利用し、沸点の低い媒体を気化させ続けることでタービンが高速回転、電気を得る仕組みだ。久米島の海洋温度差発電所は出力100キロワット級。世界唯一の実証運転設備として今も電気を作り続けている。

0203.jpg
水深約600mの海底から引かれた取水パイプ(写真上)。深層水だけでなく深海魚が引き上げられることも。下の写真は世界で唯一稼動する海洋温度差発電所
 海洋温度差発電所は近く、1メガワット級の実用設備へと切り替えられる予定だ。中村室長は「久米島全体の電気消費量は6メガワット程度。将来的には島内の電気をすべて海洋温度差発電でまかない、エネルギーの完全自給自足を目指している」と語る。
 発電所を通った海洋深層水は様々な産業で利用されている。海ぶどうとクルマエビは久米島が全国トップシェアを誇る水産品だが、いずれも海洋深層水の活用なしには大量養殖を実現できなかった。
 「成長が遅いと出荷の時期がずれ込むし、早すぎても粒の間隔が広がってしまう。光を当てすぎても横枝が生え、きれいに粒がそろわない。そんな外的環境に左右されやすいデリケートな商品だからこそ海洋深層水が必要なのです」

 久米島の海ぶどう養殖所では年200tもの海ぶどうを出荷している。深層水と表層水とをブレンドし、水温を25℃前後に調整することで、一年中、安定して養殖できるようになった。

0405.jpg
全国一の出荷量を誇る久米島の海ぶどう養殖所。広大な敷地に数多くのいけすが並ぶ
 深層水の特徴である低温性は、活用範囲が広い。例えば、ほうれん草やトマトといった比較的冷涼な気候で育つ野菜の栽培。沖縄では露地で育てることが難しかったが、地中に張った送水管を通して冷たい深層水を流す方法を使い、栽培に成功した。この手法に注目した大手製薬メーカーが近く久米島での野菜栽培事業に乗り出すことが決まっている。
 化粧品メーカー、ポイントピュールは海洋深層水の清浄性を生かした純度の高い化粧品を生産している。同社企画担当の古見実也氏は「化粧品の9割は水でできている。その水にこだわった結果、海洋深層水にたどりついた」と話す。

「あたらない」カキを新名産に

 深層水の3つの特徴をすべて生かした商品開発に乗り出すのが、全国で33店舗のオイスターバーを運営するゼネラル・オイスター(東京都中央区)だ。同子会社のジーオー・ファームは生で食べても「食あたりしない」カキの大量生産を進めている。
 深層水の低温性はカキを育てる水槽の水温調整などに活用。カキの産卵から成貝に育てるまで一貫して深層水を使うことで、食あたりの原因となるウイルスに汚染されない環境を作り上げた。さらに深層水の富栄養性という特徴を生かし、カキの餌となる植物プランクトンの大量培養にも成功した。
 ジーオー・ファームの鷲足恭子社長は「あたらないカキの実現には海洋深層水が欠かせない。2020年に年数百万個を出荷できる体制を整え、カキを久米島の新しい名産にしたい」と意気込む。

久米島の海洋深層水で世界初の一貫した陸上養殖される安全な牡蠣 ←詳細はCLICK

0607.jpg
写真上はポイントピュールが生産する化粧品。写真下はジーオー・ファームが進める「あたらない」カキの養殖設備
 ジーオー・ファームが久米島にカキの養殖設備を置いたのは、海洋深層水だけが理由ではない。「久米島の立地も大きかった」(鷲足社長)という。

 中国や東南アジアの富裕層を中心に生ガキの人気は高まっている。沖縄・那覇空港近くにある国際物流基地を活用すれば、久米島から時間とコストをかけずに輸出することが可能になるからだ。

ゆるキャラだけでは埋没してしまう

 移住プログラム、オリジナル動画の作成、ふるさと納税、ゆるキャラ、B級グルメ…。東京一極集中を是正し、地方の活力を取り戻すことを目的に始まった安倍政権の地方創生政策だが、人やカネを集めるために企画される事業はどれも似たり寄ったりなのが現状だ。コンサルタント会社やPR・広告会社が地方自治体に対し積極的な営業をかけ、パッケージ化された同じようなメニューばかりを提示する弊害も指摘されている。
 久米島でも、いかに観光客を集めるかという点ばかりに腐心していた時期があった。だが、「きれいなエメラルドグリーンの海」だけでは、大型リゾートホテルが建ち、定期便数が多い石垣島や宮古島など他の離島には敵わない。そこで発想を転換、久米島でしか実現できないものを探し出した末に、海洋深層水に行き着いたという。
 「非東京」という打ち出しだけで満足してしまえば、特性は生まれない。結果として、地方創生は単なる掛け声だけで終わってしまうことになるだろう。現在、深層水取水設備の大規模増設を計画している久米島。計画に合わせて東京に本社を置く大企業の誘致案件もいくつか浮上しているといい、オンリーワン戦略が大きな実を結ぶことになりそうだ。

08.jpg
久米島は海洋深層水に特化した産業振興でオンリーワンの存在を目指す

詳細は↓をCLICK
日経ビジネスlogo_NBO.png

参考
地図: 久米島
海洋深層水 Wikipedia

食と農

【小泉武夫・食百珍】和食はこんなに素晴らしい(1)~(3)

カテゴリー:食情報
投稿日:2016.11.23
koizumitakeo_1fix-1024x683.jpg

11月24日は「和食の日」。日本人の伝統的な食文化について見直し、和食文化の保護・継承の大切さについて考える日です。
そこで小泉センセイ(東京農大名誉 教授・当メディア総合監修)の特別寄稿「和食はこんなに素晴らしい」を11月23、24、25日と3日連続でお届け致します。
 
水の良さが和食の文化を築いた
平成25年12月、日本人が長く継承してきた民族の食である「和食」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)により「和食・日本人の伝統的な食文化」として無形文化遺産に登録された。このことは、国の「日本食文化の世界無形遺産登録に向けた検討会」委員として参画してきた筆者にとって、安堵したところである。以下では、主に私が委員として主張した和食のすばらしい事柄について述べ、世界に誇る天下無敵の食文化をあらためて認識することにする。 
わが国は昔から山紫水明の地といわれ、世界有数の水の良い国である。水を沸かしもせずに、そのままの生水(なまみず)が飲める国など世界広しといえども、そう多くはない。

washoku_1fix.jpg
名水百選に選ばれている
尚仁沢湧水(栃木県)

 
日本の地下水がなぜ良質であるのか。それは、わが国は世界の年間平均降水量の1.8倍もあり、その豊富な雨水や雪どけ水は杉、松、櫟(くぬぎ)などの林の下に広がる豊かな土地に滲(し)み込んで、常時安定して湧水していることにある。そして、山の土と地下の岩石の状況は、うまい水をつくりだすのにちょうど良い舞台ともなっているためである。
水が良いから、日本の食の文化にはそれを生かした巧みさが全面に出ている。主食の米を炊くこと自体が水であり、副食の味噌汁も、そしてお茶も水。
いくらササニシキといっても、極上の味噌を使っても、とびっきりの玉露(ぎょくろ)にしても、水がダメならすべてがまずくなってしまう。このように、水は口に入るものの基礎であるから、水が良ければうまくなるのは当然なのである。蕎麦も豆腐もまた然りなのだ。
 
日本酒が美味しい理由
その最も良い例が日本料理と日本酒。特に、日本酒の場合、酒造りに適する水には鉄が0.05PPM以上含まれていただけで、もう使いものにはならない。何と1億分の5という極超微量の鉄の存在も許さないこの厳しさ。この存在量をわかりやすく説明すると、東京~大阪間の新幹線のレールの上にウズラの卵が1個のっているといった微量さである。
もし鉄がこれ以上あると、麴(こうじ)から由来した着色前駆体と反応して、たちまち赤褐色の色素をつくり、市場性を失わせてしまう。このような水は、世界中探してもそうあるものではなく、日本酒は水の良い日本だけにはぐくまれてきた民族の酒なのである。

washoku_5fix.jpg

水を軟らかくするために汲みためた水を「枯(から)し水」、酒を薄める時使う水は「割(わ)り水」、仕込みの水を「種(たね)水(みず)」などと称する用語は、まさしく良い水を知りつくしてきた日本独特の表現の仕方である。
水の言葉といえば、辞書を引いて頭に水の字が付くものを拾ってみただけでも、「水かけ論」「水いらず」「水を差す」「水くさい」「水ごころ」「水商売」「水を向ける」「水明かり」など枚挙にいとまがない。このことからも日本人がその長い歴史の中でいかに水と密着して生きてきたかがよくわかる。
 
日本料理と鍋と釜の関係

また、食卓の上を見まわしてみると、味噌汁は言うまでもなく、煮物やおひたしに至るまで、ほとんどのものが水と深く関係していることがよくわかる。
日本の台所には、鍋や釜のように底が深い調理道具があり、それに蓋(ふた)をして煮炊きをしてきたのであるが、これは、水を逃がさない料理法を発達させてきたためである。中国やヨーロッパの料理が、率先してフライパンで水を飛ばすのとは正反対のやり方と言えよう。
主食となる米も例外ではない。研(と)ぐだけでもかなりの水が必要なうえに、さらに水を入れたまま釜に蓋をして炊きあげる。炊きあがったご飯には大量の水分が含まれていることはあのふっくらする飯の食感でもわかるであろう。まさに、日本食というのは水を食べているようなものなのである。
海流が交差する島国という位置、降雨量の多さ、中央に走る山脈、そしてすばらしい水、こういった気候風土が、日本食というものをつくりあげてきたのであり、気候風土と食の文化というものは互いが密接な関係を持っているのである。
もっとも、この関係は、日本国に限った話ではない。地球上には、雨がほとんど降らない地域に住む民族もあれば、一年の半分近くを零下何十度という気温のもとに住む民族もある。気候風土が変われば食生活が違うのは当然のことで、それぞれの民族には、必ずその気候風土に合った食の文化があるのだ。
その中で、日本のように地理的な条件に恵まれ、素晴らしい水にも恵まれ、そしてすばらしい食文化を創造した民族はほかにないといえるだろう。旬を愛で、気候風土の影響によって季節ごとに新鮮な素材を口にすることのできる日本人は誠に幸せであった。
 
名水の条件は甘い水
江戸時代の儒者、貝原益軒は『養生(ようじょう)訓(くん)』の中で、「水は人の天性を左右するものであるから自分の飲む水はよく選べ。それには甘い水を選ぶことである」と訓じている。飲む水によって、その人の性質まで変わるぞと、実に鋭い訓文を残している。その益軒ほどの人が「水は甘いものを選べ」というのであるから、これには深い意味を持つ。それは良い水には、口当たりが丸く、そして、甘く感じるものが多いからである。山の湧き水に似ているが、土臭さがなく、かといって、雨水のようにフニャフニャというものでもない水、それが名水の神秘なのである。そして世界の数多い民族の中で、水の感覚を「甘い」とか「丸い」とか、賞味する民族は、おそらくわが日本人だけではなかろうか。
稲は水田で水にはぐくまれて米となり、それが良い水で炊かれて飯(めし)になる。日本料理が生まれ、茶道ができ、日本酒、味噌、醤油がつくられ、鮎が清流に泳ぎ、沢には山葵(わさび)が育つ。これが水の国日本なのである。
小泉武夫
(続く)

詳細は↓をCLICK
丸ごと 小泉武夫 食マガジン

食を通じ心を養う

ところで、日本には、食の場に一定の作法をとり入れて食味を味わうと同時に、精神の修養や交際礼法を極める修道が、他国にはまったく例をみない文化のひとつとして伝わっている。その代表が茶道。室町時代の田村珠光を祖として、武野紹鷗(たけのじょうおう)を経て、千利休に至ってこれを大成した。茶の湯によって精神を修養し、これを他人と行って礼法を極める道。
禅の精神をとり入れ、簡素静寂を本体とする侘茶である。そして、その心は、客を招いて、茶をたてる前に、茶人自らが心を込めて料理をつくり、客に出す懐石料理をも生んだ。さらに供応形式料理の本膳、宴会料理の会席も一定の流儀や形式によって、配膳に心を配る。
これらの日本の伝統的な膳料理には、多くの面で心にくいばかりの気配りがある。例えば盛り付けひとつみても、食器は美しくそして使いやすいうえに、料理との調和の美を備えたもので統一したり、盛り付けの趣向は、器の中に自然を演出して、季節感を大切にする。また、空間を重んずるため大きめの器を選んで、余白を残すように盛り付けるなど、一種哲学的ともいえる要素をも込めた内容が随所にみられる。

washoku_6fix.jpg
和食の基本「一汁三菜」
 
また、日本には外国にあまり類例のみられない「旬(しゅん)」という食の文化がある。魚介、蔬菜(そさい)、果物などが最も美味で、漁獲高、収穫量とも盛りに当たる時期を旬という。春夏秋冬と、四季が明確に分けられている日本では、一年中、動植物が交互に活動の場を持つから、旬のものは一年中にわたって分布する。四季のはっきりした島国とはいえ、肥えた土と良い水の国とはいえ、はたまた暖流と寒流の交差する国とはいえ、日本ほど季節によってうまいものが移り変わる国はたいそう珍しい。このことは、わが国の食の文化の特徴を語るのに、大切な事例のひとつともなっている。
旬という言葉の意味を、正確にいい表す英語やフランス語もないようで、その点、日本人は食べもののうまさや食べごろを季節ごとに分けて整理し、それを旬というただの一語でずばりといい表す、知恵と粋(いき)さを持っている。魚を例にとると、一年中いつでも美味な魚もいくつかあるが、大半はその味が多かれ少なかれ、季節によって変化する。その最もうまい時が旬となるが、旬の魚がうまいのは、産卵期前、体にタンパク質や脂肪などの栄養成分を豊富に蓄えた場合や、産卵期でなくとも、海流の関係で親潮(寒流)にのって、脂肪のついた魚が大量に下ってくる場合などが、旬のうまさにつながるのである。
また、川魚の鮎(あゆ)は、夏、水中の石に付着する珪藻(けいそう)が豊富に育ち、それを餌にしてどんどん成長し、西瓜(すいか)のような爽涼(そうりょう)な香気を帯び、姿態もいかにも均整のとれた時を旬とした。また十月、産卵前の落ち鮎は脂肪がのって絶品だとしてこれまた旬に選ぶ。
いずれにせよ、魚介も蔬菜も最も多く収穫される時を旬とみれば、大方間違いない。というのは、多くとれるから値が安く、新鮮なものを入手できるわけで、美味なのは当たり前なのである。
 
「うま味」を世界に教えた出汁(だし)文化

washoku_2fix.jpg
和風出汁の主な材料
 
ダシ(出汁)は日本料理の妙味のひとつである。このダシという語がいつごろから登場したのかは明確ではないが、文献では鎌倉時代以後とされている。しかし、ダシが実際に使われたのはさらに古く、鰹(かつお)を煮て鰹魚(かたうお)という素干し品をつくる際の煮汁を煮つめて、これを鰹魚煎汁(かつおいろり)としたものをダシに使っていた。
今日では、鰹節や煮干し、するめのような動物性のものから、昆布、干し椎茸、乾瓢(かんぴょう)などの植物性まで、ダシの材料は多種にわたっている。
日本のダシの材料の中で、最も代表的なものは鰹節である。これでダシをとると、うま味成分だけでなく、日本食文化の原点に潜んでいるような芳香までわきでてくるところが大変良い。この点、外国の料理におけるダシのとり方が、肉やガラからうま味成分だけを抽出するのとは大違いである。
この鰹節のうま味の主成分はイノシン酸シスチジン塩で、この成分は熱湯には実によく溶ける。だから、削った鰹節を煮立った湯に入れてすぐに火を止めるか、または煮立つ直前の湯に入れて、煮立ったらすぐに取り出す必要がある。
この方法で、鰹節のうま味の九割以上は出ているから安心してよい。もし、必要以上に加熱を続けると、アク味や苦味、渋味などの不快な味が出てくるうえに、大切な芳香はどんどん発散して空中へと逃げ去ってしまう。
また、少しの鰹節では安心できぬと、たくさん入れる人もいるが、これもその心配には及ばない。むしろ、少なめの方がうま味がよく溶けだすのであって、量が多すぎると、苦味を生んでアク味が出るうえ、不必要な魚臭を放つから不利である。湯の量の1~4%がせいぜいであろう。
このように、目的のうま味成分と香りが出れば、それでもう終わりであるという日本のダシのとり方に対し、西欧料理では鶏ガラダシを例にみても、骨の髄(ずい)まで長い時間かけて煮出すのを特徴とする。何か月も手間ひまかけてつくった鰹節を、わずか数分間という短時間でその役割を終わらせてしまう、この贅沢なダシのとり方は、何となく粋な感じがあり、そこに日本料理の神髄のようなものをかいまみることができる。昆布も鰹節とともに古くから使われてきたダシの材料で、そのうま味の本体はグルタミン酸である。この成分も湯によく溶けるから、そのダシの引き方は、鍋の大きさに合わせて適宜に切った昆布を、水から入れるか、湯の煮立つ間ぎわに入れ、1分間も煮立てたらすぐに引き上げてダシ汁とする。1時間ほど、ただ水に浸しておくだけでも味は十分出るから、この方法を良しとする人も多い。
ところで、鰹節のイノシン酸と昆布のグルタミン酸とは、不思議なほど互いに相乗しあって味を高める効果をつくりだす。グルタミン酸の味の強さ一に対し、イノシン酸の味の強さ一を混合すると、その味の強さは2であるはずだが、正しくは7.5となる。
干し椎茸も昔からダシの好材料として君臨してきたが、このうま味の主成分はイノシン酸に大変よく似たグアニル酸。この酸とグルタミン酸との相乗効果はさらに高まり、この両者では1+1=30という驚くべき味の伸び方をする。
古い昔、これらの化学成分など知るすべもなかった日本人が、経験的に味の相乗性を知り、ダシの材料をうまく組み合わせて効果的にダシを得ていた知恵に驚かされる。

(続く)
詳細は↓をCLICK
丸ごと 小泉武夫 食マガジン

和食は発酵食品の宝庫
目にも見ることの出来ない微細な生きものである微生物の働きを応用して、人類は「発酵」という一大文化を創造してきた。それが出来た背景には、微細な生きものの性質を知り抜いた知恵の集積があったからにほかならない。先人たちのたゆみない観察力と豊かな発想から生まれた、この知恵の巧みさときたら、現代人の想像を遥かに超えるものがある。

washoku_3fix.jpg
150年使い続けている
桝塚味噌(愛知県)の木桶

 
「発酵」を利用した食文化は人類の創造した知恵と世界中から見られているが、とりわけわが国は昔からその発想に勝れ、世界一の発酵王国を築き上げてきた。発酵することにより、冷蔵庫などのなかった時代でも、食べものは保存でき、その上、特有の匂いは食欲を増進させ、さらに出来上がった発酵食品にたっぷりの滋養成分を蓄積させることができる。発酵はまさに奇跡的な食文化のひとつで、食の世界遺産の中でも中心に位置する事象である。
日本は世界一の発酵王国で、発酵食品なしに和食は成り立たない。
食卓でお馴染みの納豆、糀(麴)、味噌、醤油、米酢、鰹節をはじめ発酵茶、発酵豆腐、葛(くず)、日本酒や焼酎、味醂、甘酒もそうですし、日本に800種類もあるといわれる漬物の多くも発酵食品で、ほかに、魚介類の発酵食品として、魚醤、塩辛、くさや、飯鮓(いいずし)(鮒鮓(ふなずし)、鮭飯鮓、鯖熟鮓(さばなれずし)、秋刀魚(さんま)熟鮓など)などもある。
日本はどうしてこれほどすごい発酵王国になったのかというと、それには大きく三つの理由が考えられる。
 
発酵王国三つの条件
一つは気候風土の影響で、高温多湿で亜熱帯の国なので、そのような環境に適した発酵に関与する微生物がたくさん存在することである。その発酵微生物たちが、和食をつくり、日本人の体と心をつくってきたといっても過言でない。

washoku_4fix.jpg
桝塚味噌の蔵
 
二つめは、日本は雨が多い一方で、日照りも多いため、発酵食品の原料となる農作物の生育にも適していて、米をはじめ、大豆、野菜、果物など、ありとあらゆるものが国内で生産できる。また、日本は四方を海に囲まれた島国なので海の魚介類を中心とした海産物も豊富で、その上、山から流れてくる川や、その途中の湖沼にはアユ、フナ、コイといった川魚も生息し、それらも発酵されることになるのである。
当初はこれらの食品を長く保存する目的で、発酵を施すことを重宝していた。それが時代を経るにつれ、発酵食品の味わい自体をたのしむようになり、現在では長寿食としても注目されている。
三つめは、海からとれる豊富な塩である。これも日本が発酵王国となった重要な要素で、日本では、縄文時代から塩田をつくって、海の塩を食に利用していたことが知られていて、発酵のプロセスで欠かせない塩が、容易に入手できたおかげで、さまざまな発酵食品が生み出されていったのである。そして今では、発酵食品には体にとってとても良い滋養成分が含まれ、また免疫力も示唆されるなど、保健的機能性を秘めた食べものとして注目されているのである。
以上、和食の世界遺産登録について、委員の一人である筆者が発言した部分を解説した。会議ではほかに、「[和食のヘルシーさ]、[和菓子]、[茶]、[日本酒]、[箸文化]、[うま味の発見]、[日本ならではの調理]、[食材の豊かさ]、[握り寿司]、[蕎麦とうどん]、[食器]、[一汁三菜と和食の型]、[米食文化]、[餅]、[包丁]、[ハレの日の食]、[出汁]、[味噌文化]など」、とにかく日本型食文化のあらゆるものが世界遺産になりえるものであることをまとめたのである。
このように和食は世界遺産に登録されたので、今後は更にこれを日本国内のみならず世界にも発信していくことが肝要になってくる。和食を大切にすることが日本の将来を語ることにつながるのは自明の理であるといってもよい。
小泉武夫

詳細は↓をCLICK
丸ごと 小泉武夫 食マガジン
logo.jpg

✪衝撃ニュース

「世界最強の猛毒ガニ」イセエビ漁に引っかかる…「絶対食べないで」和歌山・すさみ町立水族館

ウモレオウギガニ
ウモレオウギガニ

 和歌山県すさみ町の町立エビとカニの水族館は、同町の沖合約300メートルで南方系の猛毒のカニ「ウモレオウギガニ」がイセエビ漁の網にかかり、同館スタッフが捕獲した。人が食べると死亡するという猛毒があり、「世界最強の猛毒ガニ」ともいわれ、同館では「絶対に食べないで」と注意を呼び掛けている。
 ウモレオウギガニは国内では鹿児島から沖縄にかけてのサンゴ礁の海に生息する南方系のカニ。大きいもので甲幅は約9センチあり、全体が茶褐色をしている。見つかったカニは、甲幅約4センチと小さい。
 筋肉中に麻(ま)痺(ひ)性貝毒の一種「サキシトキシン」やフグ毒で知られる「テトロドトキシン」があり、甲羅からしみ出してくるという。毒は人体に入ると0・5ミリグラムの摂取で死に至るほどといわれている。
 県内ではめったに見ることはなく、同館では平成23年以来5年ぶりの捕獲というが、今後もイセエビ漁などの網にかかることも予想されることから、同館は「見つけても絶対食べないで、すぐに水族館に連絡して」と話している。
2016.11.10 17:56
詳細は↓をCLICK
SankeiBiz
header_logo_001_20161111080528458.jpg

食と農

江戸時代の知られざるスゴイ知恵「長寿十訓」から学ぶ日本人のための健康法とは。貝塚益軒の養生訓は現代人にも応用できる!

2016/11/8 くらし, よみもの, 予防医学 投稿者: 宮本知明

soba.jpg

長生きの秘訣について書かれた長寿十訓をご存知ですか。
江戸時代に平均寿命約50歳の時代に、84歳で健康そのもので虫歯も抜けた歯もなく老衰で亡くなった本草学者・儒学者の貝原益軒がおりました。

kaibara.jpg
出典:TBS


貝原益軒は、生涯数百余冊の書籍を書き上げ、日本の医学・薬学を支えるような書籍を多数執筆しました。
そんな彼も、子供時代には病気がちで長生きは出来ないと言われていました。

そのため、外で遊ぶことができない代わりに「どうすれば、病気知らずの体になれるのか」を
その当時の医学書・薬学書などを読みふけり、養生に励んだ結果、体が丈夫になり長生きすることができました。

今回は、貝原益軒が生涯最後に執筆した「養生訓」に記されている内容について
「長寿十訓」を用いて、江戸時代の養生法から現代に活かせる情報をご紹介します。


少肉多菜
穀物菜食が基本。
yasai.jpg
日本人は、胃腸がそこまで強くないことから、たくさん食べてしまうと消化不良になると記されています。
この当時の肉類・卵黄類は、病で気が不足しているときに食べると良い「食薬」のような位置づけでした。
日本人は、穀物菜食をいただく食生活が人種として合っていることを伝えています。

肉料理は、1日1種類を少しだけ食べること、多く食べてはいけないとも書かれています
私たちの今の食事は、欧米よりの食事がほとんどになってしまっています。

コンビニ弁当を見ても肉食がずらりと並んでいます。
ファーストフード店も肉類や油物が多くなっています。

例え自炊をしていたとしても、おかずで肉料理を出さない家庭は少ないと思います。
私たち日本人が、そもそも肉食をあまり常食としていなかった歴史があるため、胃腸が弱い人種であることを知りましょう。

また、私たちの多くの死因となっているがんでも、特に消化器系の胃がん、食道がん、大腸がんになることが多い傾向になります。
これも、人種による胃腸の違いが反映されているのかもしれません。


少塩多酢
oil.jpg
こちらも濃い味付けのものが増えてきたことで、現代では塩分過多になっています。
その結果、高血圧になり、心臓血管疾患・脳血管疾患で亡くなる方も多く増えています。

減塩というよりも適塩を進めていき、毎日の自宅での食事は健康状態に関係なくあっさりしたものを心がけるようにしましょう。
ファーストフード店の外食による食事を減らす、間食に塩気の多いスナック菓子を口にしないようにする方が大切です。

また、酢の効果は、現代でも注目されております。
酢の種類によっても効能効果に差があります。

酢がどんなに良くても、とりすぎは胃腸に負担をかけると貝原益軒も伝えております。
調味料として、水などで薄めたりして少しずつ取り入れていきましょう。

少糖多果

体を冷やす果物は熱を加えて。

frootsu.jpg
お菓子を食べ過ぎることは、胃腸を弱くするのでよくないと記されています。
また、体を冷やすような果物に関しては、蒸したり・煮たりするような形で熱を加える方法でいただくと良いと記されています。

この当時も、甘いものを多くいただくことがよくないと認識がされていたようです。
     
少食多噛

「禍は口より出て、病は口より入る」
貝原益軒は、飲食については、2巻に分けて記すぐらい重要に考えております。


・飲食をしない日はないからこそ、常に欲求まかせのまま食べてはいけない。

・飲食は、空腹感を満たし、喉の渇きを潤すためにある。

・「飲食の欲」を抑制できない人は、義理を忘れるような意志薄弱なところがある。

・腹八分目か九分目でやめる。満腹までいくと「のちの禍」のもとになる。

・五味をバランスよく取り、同じようなものを続けざまに食べない。

・十分に食べたと思った時には食べすぎ。


また、食事の構成についても

・飲食のうち「ご飯」は、たっぷり食べないと、空腹感が満たされない。
・「吸い物」は、ご飯に味を付け加えるためのものだ。
・「肉」はいっぱい食べなくても、それで事足りる。
・「野菜」は、穀物、肉では足りない滋養を補い、消化しやすくする。


ご飯をたくさんいただき、おかずやお吸い物はあくまでもご飯の引き立て役、
またはご飯で得られない栄養を補うもので、ご飯の量以上に食べてはいけないと記されています。

私たちの食卓は、ご飯よりもおかずが多い家庭が一般的かもしれません。
この時代からすでに、この食生活が病気を起こす引き金になているというのを伝えています。

また「食事中は理屈っぽい話をしない」「床に就いたら無駄口を叩かない」とも書かれています。
これは、しっかりと食の恵みに感謝して味わうことを伝えています。

よく噛んで食べることの大切さにもつながることです。

少煩多眠

波風立てず気を和ませる
23時から0時の間に眠る


tokei.jpg
悩みを少なくし、心穏やかに言葉少なくすることで、波風立てず、気を和ませて静かに過ごすことができると記されています。
睡眠についても、11時から0時までの間で寝るのがよく、朝日が出る早朝に目覚めることが良いとされています。

それ以降の深夜になると精神が高ぶって休まらないとされています。
現代でも伝わる「早寝早起き」がここにありました。

少怒多笑

怒らずに前向きに生きる。

kodomo.jpg
他人に足りない部分を怒ったり、咎め立てるようなことは心の病気になります。
毎日、適度に楽しむように生活をすることは、心を楽しくして元気にしてくれます。

現代でも、笑う、楽しく、前向きに生きることの体と心の影響を反映しているかのようです。

少言多行

無用なことを口にしない
「口は災いの元」と言われるように.

この時代から言葉遣いに注意して無用なことを口にしないことは、自分のエネルギーを無駄に使わなくなります。

口にすることによる疲労感が養生するときに良くないことを伝えています。
口数を減らし養生するときに、しっかりと自分を律することを大切にするように書かれています。
 
少欲多施

昔の人は養生をするうえで「三欲を忍ぶ」と言ったそうです。
「飲食欲」「色欲」「睡眠欲」の3つです。

現代で言うと「食欲」「性欲」「睡眠欲」になります。

飲食は腹八分目、特に若いうちは性欲を慎む、睡眠時間は夜が更けて寝るのは良いがそれ以上に明るい時間に寝たり、寝たりないと言って2度寝をすることは、くせいになって逆に体が悪くなって病気になると書かれています。

少衣多陽

厚着をしすぎない

8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s.jpg
厚着をして温かいところにいたり、熱い湯に浸かったり、熱いものを食べて体を温めすぎると、体が冷えることが記されています。
それよりも陽の光を浴びて、そこからの温かみを得ることをしてみましょう。
   
少車多歩

適度にあるく

running-573762_640-1.jpg
体にきつくない程度の運動をすると良いことや、食後は300歩歩くと良いと記されています。
この時代の養生に、運動をすることの効果がすでに記されていたのです。

まとめ

江戸時代の恐るべし健康法は現代人にもじゅうぶん応用できる内容だった

現代でも頻繁に言われている内容が、江戸時代からすでに言われていたことには驚きがありました。
欲望のままの生活をすることは自殺行為に等しいと記されております。
健康で長生きすることは、どれだけ自分の中の欲望に対して律することができるのかにかかっています。

また、この「養生訓」の巻第七が薬の話が書かれています。
「どんな薬も、気を偏らせるので、決して乱用してはならない」あまり理解をしていない状態で薬を服用することは逆に毒になると記しています。

今回ご紹介した長寿十訓を自分なりに振り返ってみて、生活に取り入れられるといいですね。

詳細は↓をCLICK
IN YOU
IN-YOU_logo2015.png


参考: 貝原益軒Wikipediaは←を1277696708675_201404280248085a0.gif
益軒は、先祖が岡山の吉備津神社の宮司だったようで、福岡藩家臣として黒田家の家系を辿った「黒田家譜」の編纂に携わった際に、当地備前福岡にも足を運んで官兵衛の先祖の足跡を辿ったようだ。

Youjyoukun.jpg
養生訓Wikipedia

発酵・醸造食品

見直そう!みそ汁の効用

塩分過多は「冤罪」

具だくさんの豚汁【時事通信社】
具だくさんの豚汁【時事通信社】

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録が決まったことで「和食」への評価が高まる中、定番中の定番である「みそ汁」に改めて注目が集まっている。
 和食の弱点は塩分が多めになりがちなこと。中でもみそ汁はこれまで塩分過多の「主犯」という扱いを受けてきた。しかし、最新の研究データによれば、みそ汁の塩分は和食の献立の中で取り立てて多いわけではなく、塩分過多については「冤罪」である可能性が高まってきた。さらに、みそ汁にはビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれ、その効果で健康にプラスの影響があるとの研究結果も出ている。どうやら、わたしたちにとって最も身近な和食であるみそ汁を見直す必要がありそうだ。


代表的なみそ。左上から時計回りに加賀みそ、関西みそ、北海道みそ、信州みそ【時事通信社】
代表的なみそ。左上から時計回りに加賀みそ、関西みそ、北海道みそ、信州みそ【時事通信社

 日本のみその起源については、古代中国の発酵食品である「醤(しょう=ひしお)」が朝鮮半島から伝わったというのが通説。ただ、現代のみそのルーツは、縄文時代から食べられていた日本独自の発酵食品だとの意見もある。文献に登場するのは飛鳥時代末で、701年に制定された大宝律令で「主醤(ひしおのつかさ)」という役職が扱う調味料の一つに定められた「未醤」が、みその前身だと考えられている。
 鎌倉時代の武士が食事の基本とした「一汁一菜」の一汁は、みそ汁であったとされる。簡素な献立の中に栄養バランスに優れたみそ汁を入れることで、鎌倉武士の質実剛健な生活が実現できたのだろう。江戸時代になると、庶民の食生活でもみそ汁は一般的な献立になった。江戸前期の元禄年間に著された「本朝食鑑」では、みそは健康に役立つ万能食品であると評価されし、庶民にも「みそ汁を飲めば医者要らず」という認識が定着していたとされる。


「好き」だけど飲まない


タイのあら汁【時事通信社】
タイのあら汁【時事通信社】

 みそ汁の復権に熱心なのは、当然のことながらみそのメーカーだ。ただ、日本のみその多くは、小規模なみそ蔵で作られて地元で消費されている。全国に流通する商品を作っているメーカーは数えるほどしかなく、個別の商品を通じてみそのイメージを変えられる機会はほとんどなかった。そこで、全国958のみそメーカーで構成する全国味噌工業協同組合連合会は、1992年に「みそ健康づくり委員会」を結成、みそ汁の復権に向けたキャンペーンを進めている。
 同委員会が2013年秋、20~69歳の男女1040人を対象に実施したアンケート調査によると、「みそ汁が好き」との回答は全体の93.7%を占めた。ところが、実際にみそ汁を飲んでいる量は、1日当たり男性で0.8杯、女性は0.7杯と、1日1杯にも満たなかった。しかも、和食離れが進んでいると思われる若い世代よりも、50代、60代の消費量が少ないという驚きの結果が出ている。


しじみ汁【時事通信社】
しじみ汁【時事通信社】

 中高年の消費量が少ないのは、生活習慣病につながる塩分の取り過ぎを気にしているからのようだ。同じアンケートで、みそ汁のイメージを聞いたところ、「塩分が高いと思う」が75.1%に達し、「そう思わない」を大きく上回った。ただし、「塩分が高い」とした回答率に、年代別の差はほとんどなかった。若い世代がさほど気にしない塩分が、生活習慣病を意識する中高年には高いハードルとなり、それがみそ汁離れを引き起こしている可能性が高い。
 しかし、現実の塩分量は、みそ汁おわん1杯(約150グラム)に1.2グラム程度しかない。1食当たりで比較しても、カレーライスの2.7グラム、ピザトーストの3.1グラム、カップラーメンの4.8グラムより格段に少ない。もちろん、みそ汁だけで和食の献立は成立しないので、他のメニューとのバランスの問題にもなるが、少なくともみそ汁を塩分過多の原因と決め付けるのは間違った考え方と言っていいだろう。

冤罪晴らす研究成果


食塩水とみそによる塩分摂取の違い【時事通信社】
食塩水とみそによる塩分摂取の違い【時事通信社】

 日本人が塩分を取り過ぎているという考えは、1950年代に日本人の食生活を研究した米国のルイス・ダールによって提起されたのが最初だとされている。塩分過多が高血圧をはじめとした生活習慣病の原因になることは間違いないにしても、それがどうして「みそ汁犯人説」につながったかは明らかでない。みそ汁は日本のどこにでも存在した和食メニューだったため、その普遍性が塩分過多の「犯人」というイメージを呼び起こしたのかもしれない。
 一方、最近はみそ汁の冤罪を晴らす研究の成果も出ている。共立女子大学家政学部の上原誉志夫教授は、食塩感受性体質(食塩を多く摂取すると血圧が上昇する)のラットを4グループに分け、それぞれ食塩を含まない水道水、0.9%の食塩水、1.3%の食塩水、10%の濃度のみそ汁(塩分量は1.3%の食塩水と同じ)を与える実験を行った。
 その結果、1.3%の食塩水を摂取していたグループに比べ、10%のみそ汁を与えたグループの方が血圧の上昇が少ないことが分かった。血圧の上昇度合いから算定すると、みそ汁に含まれた塩分を摂取しても、同量の食塩を取った場合に比べ、血圧への影響は30%低いことも判明した。つまり、みそ汁によって、30%の減塩効果が得られたとも言える。
 また、上原教授は人間ドックの受診者のみそ汁摂取量を調査して、血圧との関連性を調べてみた。すると、みそ汁を1日1杯飲む程度であれば、身体の代謝には何ら影響がなく、動脈硬化の程度を示すCAVI値は、むしろ低下する傾向が見られたという。今のところ、みそ汁に含まれるどんな成分に動脈硬化を遅らせる効果があるのかは不明だが、みそが生活習慣病の原因になっているのではなく、むしろ健康効果があることが示唆されたのだ。

胃がん抑制の効果も


みそと食塩水の血圧への影響の比較【時事通信社】
みそと食塩水の血圧への影響の比較【時事通信社】

 広島大学の渡邊敦光名誉教授は、食塩摂取との関係が強い胃がんの発生率を、みそとの関係から調査した。
 胃がんを誘発させたラットを五つのグループに分け、10%と5%のみそを含む餌と、みそと同じ濃度の2.2%と1.1%の食塩を含む餌、さらにみそ、食塩どちらも含まない餌を与えた。すると、2.2%の食塩が含まれる餌を食べたグループの胃がん発生率が68%だったのに対し、塩分量が同じ10%のみそを摂取したグループの発生率は45%に抑えられた。
 また、がんの大きさも2.2%の食塩を取ったグループより10%のみそを摂取したグループは半分以下で、みそが胃がんの発生率を抑えるだけでなく、進行も遅らせるとのエビデンスが得られた。胃がんのリスクが食塩の摂取量と相関関係にあることは疫学的にも明らかにされている。塩分は人体に不可欠の成分であることを考えると、日々みそを摂取することで相対的に胃がんのリスクを低下させることになる。
 また、発がん性の調査とともに血圧の変化も調べたが、同じ塩分量でもみそから摂取した方が血圧への影響は少ないことも判明した。体内でのみその働きについては未解明な部分も多いが、渡邊名誉教授はみそが熟成する過程で塩分が他の物質と結合し、普通の食塩とは異なる物質に変わっているのではないかと指摘している。
 このほかにも、夏にみそ汁を毎日飲んでいると、熱中症にかかりにくいという疫学的データがある。熱中症予防には水分のほか、ナトリウムなどのミネラルを十分に取ることが必要だが、行き過ぎた減塩が熱中症を誘発している可能性も否定できない。みそ汁という身近な献立で熱中症を予防できることは、特にお年寄りとっては朗報だ。
 みそ汁には、みそだけでなく具も必須だが、この具を多くすればするほど、汁が少なくなる分だけ塩分も減る。また、カリウム分の多い緑黄色野菜やいも類、海藻類などを具に利用すると塩分の排出効果が高まり、みそ以外で摂取した塩分への対策にもなる。和食中心の生活でみそ汁が果たす役割は多岐にわたり、健康な食生活のためには欠かせないアイテムだ。

詳細は↓をCLICK
時事通信
top_header_logo4.gif



 永らく誤解を受けたまま長期低迷の需要に鬱々としていたみそ業界であるが、近年の研究で「冤罪」であったことが証明されようとしている。
記事にもある通り、若者層よりもむしろ中高年層が生活習慣病への警戒感からみそ汁の摂取を控えているようで、1950年代以来60余年にわたる<冤罪>がいかに根深いかを思い知らされる。
我が国の誇る発酵食品が注目されつつあるこの時期に、国を挙げて「みそ汁」の復権をお願いしたいものである。

技術・研究

(ひらけ!進路・新路・針路)花開く夢の糖 希少糖パワー、世界が注目

kishoutou2.jpg
希少糖研究を担う「生産ステーション」で研究する香川大の学生たちと何森名誉教授(前列左端)。ここで希少糖の大量生産に成功したことが、様々な分野での研究につながった=香川大国際希少糖研究教育機構

■今日の授業(9日)花開く夢の糖

 自然界にわずかしか存在しない糖「希少糖」。かつて何の役にも立たないと思われていた「落ちこぼれの糖」は、今や食品としてだけではなく、農薬や化粧品、工業製品まで、無限の可能性が広がる「夢の糖」として注目を集めています。研究発祥の地、香川をたずねました。
Kagawa univ

 ■食品・医療…広がる領域
 高松市に隣接する香川県三木町の香川大学農学部キャンパス。希少糖研究の心臓部「希少糖生産ステーション」では、日々学生たちが希少糖の生産と分析研究を重ねる。
 希少糖は自然界にわずかしか存在しない糖の総称。砂糖の7割の甘さがありながら、糖の吸収を抑える抗肥満作用があるなど、様々な効果が注目されている。
 その希少糖の大量生産に初めて成功したのが、香川大だ。名誉教授の何森(いずもり)健さん(73)が発見した酵素の働きで、果糖から希少糖を作ることが可能になった。
 香川大では、ここで生産した希少糖をもとに、農学部、医学部、工学部、教育学部などが連携して希少糖研究を進める。
 農学部4年の大谷夏生さん(22)は、農薬としての可能性を研究している。実験で希少糖を混ぜた水溶液を稲にかけたところ、病気に強い傾向などが確認できた。なぜそうした作用を生むのか、メカニズムは謎だ。「希少糖には予想のつかない力が潜んでいる。未知の可能性をひしひしと感じる」
 同じ研究室の石原亜由美さん(23)は、植物の病原体となるカビに対する希少糖の効果を調べている。「全ての研究に前例がないので、常に世界初の研究に挑戦できる面白さがある」と言う。
 農学部以外では、アンチエイジング効果や医療品開発、工業分野での研究も進む。米誌「ニューズウィーク」が2015年、希少糖の特集を組み、世界から注目を集める。
 研究は地域活性化にも一役買っている。
 農学部から車で約30分の場所にある「三木町希少糖研究研修センター」。少子化の影響で約10年前に閉校になった学校で、三木町と香川大が連携して研究施設として活用している。
 ここで働くのは、地域の高齢者たち。白衣に白い手袋をはめ、両手に握ったピンセットを器用に使い、観葉植物「ズイナ」の苗を茎を短く切って、シャーレの培地に植えていく。地球上に約20万種ある植物の中で唯一希少糖D―プシコースを含むズイナの組織培養。農学部が研究用に技術を開発し、地元住民が作業を担う。学生と住民の交流の場所にもなっている。
 多田初江さん(82)は「最初はうまくできるか不安だったけど、学生さんたちがようけ教えてくれてな」と言う。鎌谷誠一さん(66)は「ここに来ると若い人からエネルギーをもらえて、いい気分転換になる。我々のパワースポットよ」と笑う。

 ■当初は見向きもされず
 今や海外からも注目を集める希少糖研究は25年前、香川大でひっそりと生まれた。
 木々に囲まれたキャンパスの一角に「希少糖研究発祥の地」と刻まれた石碑がある。
 当時、希少糖は研究者の間で「見向きもされない糖」で、研究対象にもなっていなかった。だが、何森さんは「世の中に存在するものには必ず意味がある」と信じて希少糖の生産、研究を続けた。
 希少糖作りに必要な新しい酵素を探そうと、あらゆる場所の土を採取し、調べていた。25年前、農学部食堂裏の土の中から、その酵素を発見。希少糖の大量生産が可能となり、一気に研究が花開いた。「人は人生に一度か二度は自然からプレゼントをもらえる。あの時がまさにそうだった」と振り返る。その後、何森さんは、約50種類ある希少糖の全てを人工的に作ることができる設計図「イズモリング」を完成させた。
 臨床実験を繰り返す中で、糖の吸収を抑えるなど、希少糖の知られざる「能力」が明らかになっている。
 希少糖の名前を広めたのは、希少糖を含むシロップ「レアシュガースウィート」。香川大とでんぷんメーカーの松谷化学工業(兵庫県)などが協力して開発し、2013年から全国販売を始めた。健康志向の消費者の心をつかみ、商品は大ヒット。希少糖を使った商品は、ソーダやあめ、ケチャップなど今や千種類以上ある。
 「研究の世界には、希少糖のようにまだ見落とされているものがある。地方大学だからこそ、時間をかけてじっくりとできることがある」と何森さんは考えている。
 (宮嶋加菜子)

 ■<ここが大事>効率重視では出会えない 香川大・何森健名誉教授
 もともと私が希少糖研究を始めた理由は、誰もやっていない研究だったから。当時、希少糖には誰も見向きもせず、研究費用はほとんどなかった。だからこそ、明るくじっくりと研究ができる、と思えました。四国のお遍路さんと同じです。効率を重視してお金を使ってタクシーで回ったら、思いもよらない出会いや喜びもない。
 今はすぐに結果を求められる時代ですが、私は新しい何かは、時間をかけて自分の五感を使う中でしか生まれないと思います。研究や学びの中で、自分だけの宝物を見つけよう。そんな気持ちを持って大学をめざしてみてはどうでしょうか。

2016年10月9日05時00分
詳細は↓をCLICK
朝日新聞



ご覧頂いた皆様ありがとうございます。
この記事は朝日新聞さんが大学選びの一例として紹介頂いた記事です。

 何森名誉教授は小生の大学研究室時代の助手の先生で、同じ研究室出身の直接の先輩(云わば兄弟弟子)にあたられます。
同研究室での研究成果が世界的にも認められ、地元香川県をはじめ地域おこしの素材としても多方面に紹介されています。
私達が入学した当時(約30年前)は、高度成長時代であり、理系の花形学部は工学部・理学部等であり、農学部はマイナーな存在に甘んじていたと思います。
ところが近年 暮らしや食、或いは自然に近い学部として見直し気運が高まり、入学希望者が増加傾向にあるようです。
元々男子学生が主体の学部ではありましたが、徐々に女性の比率が増しているとのことです。

将来の方向性を決める大学選び、是非農学部に関心を持っていただければ幸いです。
何森先生をはじめ後輩諸氏の益々のご活躍をお祈り致します。

歴史

春日大社の国宝太刀の金具に純度の高い金

tachi-650x345.jpg

平安時代の傑作として国宝に指定されている奈良市の春日大社に伝わる太刀が、ほとんどの金具に純度の高い金を使った極めて珍しいものであることが科学的な調査でわかり、調査に当たったグループは、当時の権力者である藤原氏が特別に作らせたと考えられるとしています。


「金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち)」は、12世紀に春日大社に奉納された長さおよそ1メートルの刀で、さやに金や螺鈿(らでん)で猫がすずめを追う様子が精巧に描かれるなど平安時代を代表する傑作として国宝に指定されています。

今回、春日大社で20年に一度行われる「式年造替」に合わせて、奈良文化財研究所の高妻洋成室長らのグループが材質を詳しく調べました。その結果、つばやつかなどの金具のほとんどが純度の高い金で作られていることがわかったということです。

wst1609260086-p1.jpg
産経新聞West

グループによりますと、これだけ純度の高い金の金具で飾られた太刀は極めて珍しいということで、当時の権力者である藤原氏が特別に作らせ、春日大社に奉納したものと考えられるということです。

春日大社の花山院弘匡宮司は、「ご神宝の象徴とも言える国宝の太刀が、立派なものだとわかり、大変、喜ばしいことです。この機会により多くの人に見ていただきたい」と話していました。
この太刀は、来月1日、リニューアルオープンする春日大社の国宝殿で来月31日まで公開されます。

9月26日 19時17分

詳細は↓をCLICK
NHKNEWS WEB
logo_20160826080940352.png

発酵・醸造食品

研究で実証、目の下のクマには甘酒が効く---暑い季節に熱い甘酒の話(後篇)

2016.07.22(Fri) 漆原 次郎

img_1c51d6982c9a1cc5c6eba113cca55d36245972.jpg
甘酒。現代では暑い季節に「冷やし甘酒」という飲み方も。

「甘酒」をテーマに、その歴史と科学を見ている。

 前篇(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47350)では、夏の季語という事例が示すように、かつて甘酒が「夏の飲みもの」だったという経緯を探った。江戸では、鰻を夏の盛りである「土用丑の日」に食べるようになったのと時を同じくして、甘酒も「夏の飲みもの」への転換が図られたといった歴史を追った。

 たとえ夏であっても、甘酒を飲む。そこには、人々の「栄養満点で滋養強壮に効果あり」という直感があったのだろう。そして現代になり、そうした直感は科学的な観点で裏づけられつつある。

 そこで後篇では、甘酒の体に対する健康効果の研究成果を紹介したい。話を聞いたのは、甘酒飲料のシェアでトップを行き、甘酒に関する研究にも力を入れる森永製菓だ。ストレス抑制の効果や、皮膚に対する健康効果などが明らかになっているという。

夏バテ”軽減効果で「飲む点滴」の面目躍如

 夏に甘酒を飲む習慣は、江戸時代中期から少なくとも昭和時代の初期ごろまで長く続いた。単なる一時的流行に終わらず、百数十年間もこの食習慣が続いていたのは、人々が甘酒による「暑気払い」などの効果を感じていたからではないだろうか。

 実際、そうした直感に合致するような研究成果が出ている。森永製菓は2013年6月、暑さからのストレス回復を早める「夏バテ回復」の効果が甘酒にあるということを発表した。

 この研究では、マウス20匹を5日間、31℃という真夏の状況下で過ごさせた。その間、マウスに餌と水を自由に摂らせたほか、10匹には甘酒を、残りの10匹には水を等量、定期的に与えた。そして、その後の「甘酒摂取群」マウスと「水摂取群」マウスの状態や行動の違いを調べたという。

 研究を主導した、森永製菓の稲垣宏之氏はこう話す。

img_6df37e1876ff646b7a617460dfa2f060529344.jpg
稲垣宏之氏。森永製菓研究所食品研究開発センター第三グループマネジャー。甘酒の健康効果のほか、カカオの機能性、ポリフェノールの体内吸収性、離乳期の食経験と味覚の関係性、「べにふうき」緑茶の脂肪蓄積抑制効果などの多彩な研究を手がけている

「31℃の暑熱ストレス環境下でマウスを飼育すると、摂食量や体重の低下のほか、ストレスマーカーである血中コルチコステロン濃度の上昇が見られます。けれども、『甘酒摂取群』においては、摂食量低下や体重低下、また、コルチコステロン濃度の上昇が抑制されました」

 コルチコステロンは、副腎皮質という体の部分から分泌されるホルモンの一種だ。ストレスの負荷がかかると分泌量が増加することが知られている。

 実験ではまた、「甘酒摂取群」と「水摂取群」で自発的な運動量の差も見られた。12時間にわたり自由に運動できる環境をマウスに与えたところ、31℃の環境から出た後では「甘酒摂取群」のほうが1.5倍ほど、自発的な運動量が多くなったという。

「暑さの厳しい時期には、食欲不振や行動意欲の減退などの症状が現れますが、甘酒にはこうした暑熱ストレスを軽減する効果があるものと期待しています」

 では、どのような理由で、甘酒の暑熱ストレス軽減効果が現れたのだろうか。稲垣氏は「甘酒には、ビタミンB、葉酸、アミノ酸、糖質、ミネラルなどが複合的にバランスよく含まれているため、こうした栄養素の作用によるものと考えられます」と説明する。

 甘酒は発酵食品の1つであり、「飲む点滴」という異名を持つ。ビタミン類、タンパク質、糖類の栄養価がそれぞれ高いことが、こうした効果につながっていると稲垣氏は見ている。

 マウスを対象とする研究が、ヒトにも当てはまると考えてよいのだろうか。稲垣氏は、「マウスを用いた疲労やストレスの影響、その予防回復効果の評価法は医学研究において広く認知されており、ヒトでの生理学的評価で重要な位置を占めています」と話す。


img_46942cfbaedb8bcbffd6e51f8be3388d158565.jpg
「甘酒摂取群」と「水摂取群」での自発的な運動量の比較。(出典:森永製菓2013年6月18日プレスリリース「『甘酒』が暑さからのストレスの回復を早めることを確認」を参考に作成)

目のクマ改善や、皮脂抑制の効果も

 同社研究所は、甘酒の健康効果についてさらに研究を進めている。夏バテ回復効果だけでなく、甘酒の皮膚に対する健康・美容効果も明らかになってきたという。

 同社は2015年5月、甘酒を飲むことで目の下のクマの改善が見られるという研究成果を発表した。東京工科大学の前田憲寿教授との共同研究によるものだ。

 この研究では、ヒトの女性17名に対して、酒粕と米麹を使用した「甘酒飲料」と、酒粕や米麹を含めずにフレーバーなどで甘酒風味にした「プラセボ飲料」を飲んでもらった。すると「甘酒摂取群」では、「プラセボ摂取群」に対して、目の下のクマの明るさの有意な改善が認められたという。

「甘酒飲料」の飲用後には、皮膚の表面温度の上昇も見られたという。稲垣氏は「血行が促進されて、老廃物の排泄が促進されることで、クマ改善に寄与したのではないかと推測しています」と話す。

 また2016年5月には、甘酒を飲むことによる皮脂抑制効果についての研究成果も発表した。「甘酒飲料」と「プラセボ飲料」を1カ月、継続して飲んでもらった試験において、「甘酒摂取群」のほうでは明らかに頬の皮膚表面の皮脂量が低下したという。細胞レベルの実験でも、脂腺細胞に甘酒の主成分の酒粕や米麹を添加すると、脂腺細胞での脂肪滴の蓄積が抑えられることが分かったという。これらの結果から、稲垣氏は「甘酒摂取により、皮膚での皮脂の産生が抑えられたのではないか」と見ている。

「夏の定番飲みもの」復活への道

 甘酒は、米麹が米などのでんぷんを分解して糖に変える糖化作用などにより作られる。微生物による複雑な過程の末に作られる甘酒に対して、これからも科学的な視点が加わり、これまで人々が抱いてきた「甘酒は体によい」という感覚が、さらに実証されていくことだろう。


img_567316fe10115faea0aff19f752fe1e6451083.jpg
森永製菓の甘酒商品の一部。ほかに、フリーズドライタイプ、1000mlタイプ、粉末タイプなどの甘酒商品も揃える。(画像提供:森永製菓)

 昭和初期頃に再び「冬の飲みもの」と化した甘酒。夏の定番の飲みものとしての復活はあるだろうか。森永製菓は、発売40年以上となる甘酒缶や、春夏期間限定の冷やし甘酒や甘酒しょうがなどの缶タイプ、またフリーズドライタイプ、1000mlの大容量タイプ、粉末タイプと用途別に展開し、また「熱中症ゼロへ」プロジェクト協賛企業としての冷やし甘酒サンプリングや、土用丑の日に向けたサンプリングも行い、夏場の甘酒による栄養補給を提案する。

 同社マーケティング本部の田仲結子氏は、「夏バテ対策や熱中症対策、また美容関連で古くから日本人に親しまれていた甘酒に、改めて注目が集まっていることは喜ばしいことです」とする一方、「一過性のブームになってしまうのではなく、改めて『おいしさ』も実感していただき、日本人にとって身近な嗜好飲料として浸透していってほしい」と話す。

 栄養価の高い食材が世の中に溢れるようになった。そうした中で人々が甘酒に対して「おいしさ」を再認識することが、「夏の定番の飲みもの」としての地位復活の鍵となりそうだ。「おいしい」と「健康によい」は表裏一体の関係でもある。

詳細は↓をCLICK
JBpress
img_f44066607f8048a42270033668cf7d768506_20160920023740e08.jpg



前編>で 昭和初期ごろから再び冬の飲み物として定着した「甘酒」の検証が行われたが、この極端な変遷(夏場に売れなくなった)にはどうも納得がいかない思いが強い。
後編では永年甘酒の普及に努めて頂いた大手メーカーさんの研究成果などを踏まえて、今後の展開が期待される。

❖得意先紹介

⑤DELI石関町店

⑤DELI石関町店にて

弊舗のあま酒を使った100%生ジュースを提供いただいています。

⑤DELIさんは、岡山・倉敷に7店舗および福山駅中に1店舗 あります。

店舗の詳細は↓をCLICK
⑤DELI石関町店

マルゴデリ