話題を醸(かも)す !!

報道各社のニュース記事や巷(ちまた)の話題などを 「みそやの大将」が醸します。✪
MENU
グルメ

そばや天ぷら、すしも屋台出身のB級グルメ

うな丼
そばや天ぷら、すしも屋台出身のB級グルメ 写真は「うな丼」



江戸の町にB級グルメはあった?

江戸の四大グルメといわれた、うなぎ、そば、天ぷら、すし。

 これらは元々、町の屋台で売られたものでした。つまり、B級グルメの出身だったのです。

 うなぎは、万葉集にも登場する、古くからの食べ物です。江戸の初期には、うなぎを丸ごと串刺しにして、火であぶったものを屋台で売っていました。脂っこくて、まずいのですが、「精がつくから」と主に肉体労働に従事する人たちが食べていました。

 それが、江戸中期に「蒲(かば」焼き」という調理法が考案され、さらに「土用の丑(うし)の日」(平賀源内の発案と言われていますが、確証はありません)が定着したため、爆発的に普及したのです。B級屋台を卒業して、特Aクラスのうなぎ専門店へ。文字通り、うなぎ登りの出世です。

 落語の「時そば」に登場するのは、そばの屋台です。二八の16文で売っていたので、通称「二八そば」。当時のそば1杯は、現在よりもかなり量が少ないものだったようで、メーンの食事というよりも、おやつ、あるいは間食という位置づけです。大きな商家の奉公人や、夜鷹などが夜中に小腹を満たすのに絶好の軽食でした。

 天ぷらや、すしも、始まりは屋台のメニューでした。揚げたての天ぷらや、目の前でにぎってもらうすしは、気の短い江戸っ子にぴったり。早くて安直なファストフードだったようです。

 ただ、どちらも幕末には、料理店、専門店のメニューに加わり、あっという間に、庶民には手の届かない高級料理になってしまいました。

 江戸のB級グルメは、そのほとんどが、屋台から生まれたものでした。
(編集委員・長井好弘)

(2012年2月9日)

詳細は↓をCLICK
読売新聞


【関連記事】
旬を楽しみ、身体が喜ぶ 江戸料理
旬を楽しみ、身体が喜ぶ 江戸料理


江戸時代に庶民の味として屋台などで広まったうなぎやすしなど、当時としては所謂B級グルメが今では素材の高騰などもありなかなか庶民の口には入りにくくなった。

スポンサーサイト
グルメ

B級グルメまっぷる発売 地域別に6冊

B級グルメまっぷる
「B級ご当地グルメ」の「東北・北海道」版



 昭文社は、食のガイド本「まっぷる県別対抗!B級ご当地グルメ」を、このほど発売した。地域別で「東北・北海道」「関東周辺」「東海・北陸・信州」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」の6冊。それぞれ都道府県別に、郷土料理やお手頃価格の「B級グルメ」と、それを食べられる店を紹介している。料理の数は6冊で約900。税込み各880円。

詳細は↓をCLICK
朝日新聞



第6回 B-1グランプリin姫路
B-1グランプリin姫路
詳細は↑をCLICK

来る11月12・13日の二日間に亘って兵庫県の姫路で行われるB-1グランプリは第6回を数え、昨年の大会では地元岡山から「蒜山やきそば」が2位、「津山ホルモンうどん」が4位と大健闘し、全国的に知名度を上げた。
今回は、満を持して「日生カキオコ」がエントリーし上位入賞を目指している




本日姫路でのグランプリが終了し、岡山の2団体が1,2位を占め、初出場の「日生カキオコ」も9位になる健闘をみせた。
詳細は↓をCLICK
「第6回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin姫路」
投票結果
 






このカテゴリーに該当する記事はありません。