FC2ブログ

話題を醸(かも)す !!

報道各社のニュース記事や巷(ちまた)の話題などを 「みそやの大将」が醸します。✪
MENU
食と農

肥料メーカー、バカマツタケの人工栽培成功=秋の味覚が手軽に

BBOiKk0.jpg
© 時事通信社 完全人工栽培に初めて成功したバカマツタケ(多木化学提供)

 マツタケの近縁種で、似た香りと味がする「バカマツタケ」の完全人工栽培に肥料メーカーの多木化学(兵庫県加古川市)が成功した。同社によると、バカマツタケの完全人工栽培は世界初。生産体制が整えば、手軽にマツタケの風味を味わえるようになるかもしれないという。
 バカマツタケはブナ科の植物と共生して成長するキノコ。生える時期と場所を間違えたとの意味を込め、名付けられたという説がある。流通量は少なく店頭に並ぶことはほとんどないため、マツタケ専門業者も価格相場は把握していないという。
 バカマツタケの完全人工栽培の研究は、大学でキノコの研究をしていた研究員が約6年前から始めた。植物に共生させる方法は成功例があったが、菌床で完全人工栽培に成功したのは初めてで、季節を問わず供給できるメリットがあるという。
 多木化学はコストダウンや安定供給の方法をさらに研究し、3年後の事業化を目指す。マツタケ専門の販売業者によると、国産マツタケの価格は時期や産地などで異なるが、1キロ当たり約4万~5万円。多木化学の担当者は「マツタケより安く提供できるようにしたい」と意気込んでいる。 

時事通信社 2018/10/13 16:40


詳細は↓をCLICK
時事通信社





松茸の類縁といえど念願の完全人工栽培に成功したとは 素晴らしい!!

スポンサーサイト
食と農

市販の卵の驚きの実態!

日本の卵は遺伝子組み換え飼料・人工着色・狭いケージ飼いでオーガニックとはかけ離れたものだった!
2018/3/11 その他, よみもの, 食べ物 コメント: 0 投稿者: 滝野 清

オーガニックの卵を食べたことがありますか?
eggs-449191__480.jpg

こんにちは、ハーモニックニュートリション代表の滝野清です。
今回は卵の話をします。

卵の黄身の色が生産者によって違うことを疑問に思っていた

みなさんはどんな卵を食べますか?

私は以前から、卵の黄身の色がその生産者によって微妙にちがうことに疑問を持っていました。
オレンジ系の濃い黄身だったり、黄色系の色だったりで、これは鶏の種類によって違うものだと思いこんでいました。

数年前に、エサの穀物はオーガニックのものしか使わず、
葉物は自分の畑の農産物のみで育てている農家さんがいらっしゃると聞いて、そこを訪ねました。

鶏舎は平飼いで、とても元気な鶏さんが出迎えてくれました。
着くとすぐに家主が、「まずは味を見て下さい」とお椀に産みたて卵を割ってくれました。

その時、思わず「あっ!」と声が出てしまいました。

それはその黄身の色があまりに無く、レモン色の薄い感じだったからです
こんな色の黄身は初めて見ました。


「なぜこんな色をしているのですか?」と尋ねると、

「これが本当の卵の黄身の色だよ。」と笑顏で答えてくれました。

よく話を聞くと、

今の卵の黄身の色はエサで色が付けられること。
その色目は着色料(パプリカ色素)を入れているのでその量や色の種類で自由に調整出来ること。
飼料屋さんが色見本を持ってきてどの色が良いかを選ぶとそのエサの配合にしてくれること。


このことを教えてくれました。
これにはびっくりです。


卵の色はみんなエサの配合で人工的に作られていたことがそこでわかりました。
色が濃い方がなんとなく美味しそうに見えますね。

ac92fd064675bfa037023f3271d860e6-660x400.png
左:コンビニで購入した卵  右:オーガニック飼料の

日本の卵が安い理由
egg-2729099_960_720-940x627.jpg

それと、今の卵が安い理由も教えてくれました。

大量生産をしてコストを下げるために日本では鶏を「ケージ飼い」をしています。
ケージとはカゴの意味で、狭い鉄のカゴの中に二羽か三羽入れられ、首を出すとエサと水が飲めるだけのケージを二段、三段と積み上げます。

多いと7段まであります
糞は下に落ち、卵は前に転がる仕組みです。

夜電気をつけた方がたくさん卵を生むことから一晩中電気を付けているところもあるようです。
足元は金網で、狭い狭いケージで一生卵を生み続けるのです


運動不足にもなり、病気になりやすいので、エサに抗生物質を入れることもあります
鶏舎は狭いケージの集合体で鶏同士がくっついて暮らしています。

これではストレスも高まりますね。

このケージ飼い、なんと海外では禁止している国も複数あります
フィンランド・オーストリア・オランダ・ベルギー・ドイツ・スイスでは禁止されています。

飼っているところを見ると可愛そうで、買う側のストレスが高まるからだそうです。

そして、もう一つのコストダウン方法はエサを出来るだけ安くすることです
一般的なエサの配合は約60%とうもろこし、30%が大豆や菜種やごまの搾りかす、その他が魚粉、食品添加物、着色料などです。

このメインのとうもろこし、大豆搾りかす、菜種搾りかす、コーングルテンミール、コーングルテンフィードは遺伝子組み換えのものを使っていると思われます

これも驚きですね。

今の日本の法律では、遺伝子組換えの農産物を使う場合は表示が必要なのですが、家畜の飼料で使う場合はその事実を公表しなくても良い法律なのです
鶏だけでなく、豚も牛も表示はいりません。

すでに、日本で使われる家畜飼料用の遺伝子組み換え農産物(コーン、大豆、菜種、綿実)は莫大な量が輸入されているのです。
そして使われています



養鶏農家がオーガニックなどの安全な飼料を使わない理由。
corn-386761_960_720.jpg

でも、養鶏農家はこれを使わざるを得ないという負のループに陥っています。
なぜかというと、この遺伝子組み換え農産物の飼料を使わないと、消費者から、売れないからです

一般的な卵の販売価格が安すぎてバランスが合わないのです
大量生産=低価競争となり、卵の価格は低値安定しています。

私たち消費者にとっては安い卵はありがたいのですが、中身はこんな状況です。
養鶏農家さんは休み無しで365日世話をして、そして安い卵を機械的にまわしているだけです。

鶏インフルエンザなどかかれば一気に倒産です。


こんなことで良いのでしょうか?
800px-Cornheap-1.jpg

卵だけではありません。

日本では、遺伝子組み換え農産物の飼料を鶏、牛、豚に使っているので、
日本のオーガニックが世界的に遅れをとっているのも事実です。

日本人は卵や肉などを通じて大量に遺伝子組み換え作物を摂取しています。
この糞を有機肥料として、各市町村のリサイクル事業化しているわけです。

ちなみに、日本は農作物において、遺伝子組換え農産物をエサにした家畜の糞を有機肥料として使用しても、
基準にさえ合っていれば有機JAS認定が取れます。


この基準は日本だけです。
欧米の有機JAS規格では遺伝子組換え農産物をエサにした場合の糞の肥料を使用すると認定は降りません。
逆にいうと、日本の家畜のほとんどに遺伝子組換え農産物のエサを使用しているので、本当の有機肥料がほとんど無いからでしょう。

日本が早く世界のオーガニックの流れに乗るには、生産におけるエサや育成方法の基準をしっかりと決めて、公開することです

アメリカの鶏肉の基準

chicken-918418__480.jpg

①ナチュラルチキン
-人工的な着色料や味付けがなし
-人工保存料無し
-放射線の食料無し
-GMO無し


②コンベンショナル (すごく安くてナチュラルチキンよりも安い)
-①のものすべて有り、
-有害な農薬の使用有り
-成長ホルモンの投与あり
-石油系の肥料有り
-クローン遺伝子有り


③ オーガニックチキン
上記のものすべて無し

このように消費者が内容を理解して、価格と品質のバランスを自己判断出来るようになっています。
リスクとメリットを比べ、納得した上で購入できるのです。

日本の場合は、「政府がしっかり基準を作っているから安全だ!みんな、食べているし、大丈夫!」的感覚が強すぎて、安心しきっている傾向にあります。

でもニュースやメディアではなかなかこの事実が公開されないので、知らないことが多すぎます。
これはとても不幸なことです。

農業も畜産も、どんどん世界基準から離れていくのです。

そして、病気が知らない間に増えていく。

がんは世界的には減ってきているのに。


では?どうしたらよいか・・・
egg-1510449__480.jpg

遺伝子組換え農産物の飼料を使わずに鶏を飼って(平飼いで)もらう農家さんを増やす。
本来の卵を作ってもらう。
大量生産が出来ないので、ファンを少しずつ増やし、だんだんに大きくなってもらう。

当然、卵の価格は適正価格。
スーパーや小売を使わずに、できるだけ直接買える仕組みを作る。宅配便などで配送。

複数の中間マージンが無くなるだけでも、かなりの価格が下がります。

作る側、買う側ともにWINWINです。
私の周りには、このような本物を追求する職人的な農家さんがたくさんいます。

最近なぜか繋がる機会が増えてきています。
買う側と作る側がお互い意志を持って、責任を果たすような繋がりが出来れば、この形が成立します。

あるときは買う、あるときは買わないでは成り立たない。
支え続ける関係こそが幸せを生み出します。

今、ここに来て、大きく時代が変わろうとしています。
資本主義のお金主体の価値観、そう勝つか負けるかの価値観が通用しなくなってきました。

だんだんと本当の幸せは何かということに気づき出す人も増えています。

それがともに勝つ生き方です。
WINWIN。
相手を勝たせ自分も勝つ。


ここの本当の笑顏が生まれるのではないでしょうか?
私は本当のオーガニックの普及と酵素栄養学を元にした食事法を伝えています。

ハーモニックニュートリションです。
調和こそがこれからの生き方です。

まず真実を知ってもらう、そして本物を体験してもらう。
今回お話した卵も比較して食べていただきます。(アドバイザー認定コース)


理論と実践。わかりやすく、お待ちしております。

この記事が役に立ったらいいね!してね


詳細は↓をCLICK
IN YOU
IN-YOU_logo2015.png

食と農

岡山のコーヒー店が旬の「白桃」フレッシュジュース 農家から直接仕入れ提供

1501414460_mini.jpg
白桃ジュースを持ったスタッフ

 岡山市に本社を置くコーヒーとフレッシュジュースの店「マルゴデリ」(岡山市北区田町1)が7月、旬を迎えた白桃を使ったフレッシュジュースの販売を始めた。

📷入口付近に掛かるマルゴデリの看板

 同店は2001年に田町でスペシャルティコーヒーの専門店として開業した。多くのフルーツが楽しめる岡山の特長を生かして、サイドメニューとしてフレッシュジュースを提供していたところ、「フレッシュジュースの店」というイメージを抱かれるようになったという。田町店、ロッツ店、イオンモール岡山店、イオンモール倉敷店、さんすて倉敷店、昨年オープンした美咲町店を含む全10店舗展開している。

 岡山県産の白桃を使ったフレッシュジュース(500円)は開業から提供している。これまでは市場などから仕入れを行っていたが、今年から岡本陶桃園(倉敷市玉島)の桃を直接仕入れ、全店舗で使うになった。オーナーの平野裕治さんは「丁寧に桃を育てている姿を現地で見て決めた。生産者の顔が見えることで安心して提供できる。どのフルーツもいいご縁を頂ければ農家さんから仕入れをしていきたい」と話す。

 フレッシュジュースはそのほか、バナナ、キウイ、オレンジ、グレープフルーツ、レモン(以上、スモールサイズ=360円、レギュラーサイズ=400円)、アボカド(スモールサイズ=400円)、ハニーレモンジンジャー(レギュラーサイズ=450円)をそろえる。

 2年前から名刀味噌(みそ)本舗(瀬戸内市)の甘酒を使ったメニューも提供している。あまオレンジ、あまグレープ、あまバナナ、あまキウイ(以上、レギュラーサイズ=500円)、あまラテ、あまソイラテ(以上、スモールサイズ=400円)。フードメニューの「お味噌仕立ての和風ドライカレー」(820円)にも同社のみそを使っている。

 平野さんは「ジュースに入れる甘味料は種子島産の粗糖を使っている。こだわりはたくさんあるが、まずはおいしく、楽しく飲んでほしい」と話す。

 営業時間・メニューは店舗により異なる。白桃ジュースは白桃の仕入れが無くなり次第終了。

2017年07月31日
詳細は↓をCLICK
岡山経済新聞
934983_411474842283669_214070434_n.png



11695973_581089348661000_4624159390874652713_n.jpg
ご紹介有難うございます。
甘酒ブームになる2年前より マルゴデリ様とのコラボにて弊舗のあま酒を使用した5種のメニューを企画し、ご好評を頂いております。


この記事が役に立ったらいいね!してね

食と農

甘酒専用 乾燥麹について

20150903_94da13.jpg

com_senyou_2017063011473163f.png
      名刀味噌の甘酒専用麹500g入

ここ数年の間に麹からつくられた甘酒の評価がダントツにUPしている。

弊舗でも昭和30年代から甘酒の製造を継続している(下記三種のあま酒)が、これほど需要が膨らんだことはなく、また夏場にはほとんど売れたためしはなかった。
ところがここ数年のブームの広がりで、通年で販売できる環境となり、むしろ夏季の方が勢い付いている感さえある。

com_amazake.png
       名刀あま酒白400g(プレーン)

com_genmaiamazake.png
        名刀あま酒玄米400g

com_kokumaiamazake.png
        名刀あま酒黒米400g

弊舗では、この甘酒ブームの以前(2015年6月に)表記の甘酒専用麹を開発し発売した。



パッケージラベルの更新
2017年10月
22154153_1052034914899772_4798803349313199421_n.jpg
株式会社への組織変更に合わせて乾燥麹のパッケージラベルのデザインも変更致しました。
今後ともご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
詳細は↓をCLICK
名刀あま酒 黒米



岡山県産米のアケボノを使った米麹を乾燥させて商品化。水を加えて生麹に戻し、ご飯と湯を加えた後、炊飯器や保温ポットで50~60度で保温すれば 6~8時間で甘酒が出来上がる。

乾燥麹の為常温保存が可能(6ヶ月)で、お好みの時期に手造りの甘酒をつくることができます。
手造りの甘酒は有用な酵素群を活きたまま活用できるので、料理の付加価値を一層高めることが可能です。

つくり方のレシピ等詳細は弊舗のホームページ↓をご覧ください。
甘酒専用乾燥麹
bn_recipe_amazake.png

この記事が役に立ったらいいね!してね

食と農

大量の恵方巻が廃棄処分に “フードロス“処理に税金が投入される日本の現実

945ff173c6deed48ca273b3ce917ff39_59f6855674a656dfce98c4748f2b2ccb.jpg

先進国で近年大きな問題になっている「食べられるのに捨てられる食品」、フードロスの問題。まだ食べられるにもかかわらず、捨てられていく食料の量は、世界では年間13億トンに上り、日本ではおよそ630万トンに達すると推計されている。国民一人あたり、毎日おにぎり2個分の食料を捨てている計算だ。

 「フードロス」の実態を分かりやすく教えてくれるスタディーツアーを開催している、一般社団法人リディラバの安部敏樹代表は「自分が食べ残しをしなくても、コンビニで買っている以上はフードロスが出る構造があり、そのために税金が投入されているという仕組みがある。その現実を体験、考えてもらいたい」と話している。

 実際に、フードロスの現場を取材した。

e38eb3050f1cead3c28d3f38afd04eed_fe1174db01cf3b563b2f3ff912f1983d.jpg

 株式会社日本フードエコロジーセンターには、1日30トン以上の食品廃棄物が運び込まれる。取材した2月3日には、賞味期限内の恵方巻や、その材料が大量に運び込まれていた。同社では運び込まれた廃棄食料を丁寧に分別・加工し、豚の餌としてリサイクルしている。この“廃棄食料“からつくられたエサを食べて育った豚は、ブランド肉として販売されている。同社の高橋巧一・代表取締役は「食品会社は自分たちが廃棄しながら、きちんとした製品として戻ってくるということで、本当の意味での循環の仕組みが出来上がる」と説明する。

 しかし、年間630万トンの“フードロス“のうち、リサイクルされているのは「3割程度」だという。残りはゴミとして、自治体の焼却炉へ運ばれていく。「燃やしても結局灰が残るので、その処理も必要。1トンのごみを燃やして処分するのには7万円から8万円かかる計算で、この費用の半分くらいは税金で賄われている」(高橋氏)。

0a037d843455f1a449e90f97c87d86e8_5d9dfae351bd1c3777e52fd9d21b1c72.jpg

 現行の食品リサイクル法では、食品事業者はロスを出さない努力やリサイクルの義務を負っているが、年間100トン以上の廃棄食料を出す企業以外には罰則規定がないため、小規模事業者の多くはその義務を果たしていないのが現状だという。

 一体なぜ、こんなに大量の“フードロス“が運びこまれるのか。高橋氏は「コンビニは1日に3回発注をかけるんですよ。それに万が一間に合わないと食品工場は莫大なペナルティ料金を払わされるんです。ペナルティ料金を払わされるくらいなら、1トンや2トンのごはんを捨てることはなんでもないというのが、今の日本のやり方なんです」と指摘した。(AbemaTV/AbemaPrimeより)
AbemaTIMES 2/8(水) 15:30配信

詳細は↓をCLICK
AbemaTimes
abema.png

この記事が役に立ったらいいね!してね

このカテゴリーに該当する記事はありません。