話題を醸(かも)す !!

報道各社のニュース記事や巷(ちまた)の話題などを 「みそやの大将」が醸します。✪
MENU
技術・研究

「海水」で生まれ変わった沖縄・久米島

地方創生、成功のカギはオンリーワン創出
林 英樹(はやし・えいき) 2016年11月28日(月)
日経ビジネス記者

大阪生まれ。神戸大学法学部卒業後、全国紙の社会部記者として京都・大阪で事件を取材。2009年末に日本経済新聞社に入り、経済部で中央省庁担当、企業報道部でメディア・ネット、素材・化学業界などを担当。14年3月から日経BP社(日経ビジネス編集部)に出向し、製造業全般を取材している。
※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

01_20161128113838acc.jpg
沖縄の離島、久米島。透明度の高い海はダイバーに根強い人気がある
 沖縄本島から約100km西方に位置する久米島(沖縄県久米島町)。人口1万人弱の小さな離島が今、世界から注目を集めている。
 きっかけとなったのが、海底から汲み上げられる海洋深層水の有効活用だ。久米島では2000年、水深約600mの海底にパイプを設置。パイプを伝って1日当たり約1万3000tもの海洋深層水を取り出している。海洋深層水の取水設備は北海道や富山県などにも設置されているが、取水量は最大でも同4000t程度。久米島の取水量は突出して多い。
 海洋深層水はただの海水ではない。大きく分けて3つの特徴がある。1つ目は低温性。表面近くの海水は太陽光の影響を受け、22℃~30℃と季節によって水温が変化するが、海洋深層水は年間を通じて8℃前後と低位で安定している。
 海洋深層水には植物の成長に必要な窒素やリン、ケイ酸といった栄養分が多く含まれているのも特徴だ。さらに、細菌などの微生物、汚染物質の数値は表層水の100分の1程度と、清浄性にも優れている。
 久米島では海洋深層水を有償で民間企業などに提供。海洋深層水の特徴を生かしたまちづくりを進めている。
 「世界にも例がないユニークな試みということでこれまでに約180カ国から視察団がやってきた。おかげさまで『海洋深層水の島』というイメージが定着できました」。海洋深層水の活用事業を取りまとめる久米島町プロジェクト推進室の中村幸雄室長はこう胸を張る。

世界唯一の発電所

 海底から引き上げた海洋深層水は、まず海洋温度差発電所で活用される。温かい表層水と冷たい深層水との温度差を利用し、沸点の低い媒体を気化させ続けることでタービンが高速回転、電気を得る仕組みだ。久米島の海洋温度差発電所は出力100キロワット級。世界唯一の実証運転設備として今も電気を作り続けている。

0203.jpg
水深約600mの海底から引かれた取水パイプ(写真上)。深層水だけでなく深海魚が引き上げられることも。下の写真は世界で唯一稼動する海洋温度差発電所
 海洋温度差発電所は近く、1メガワット級の実用設備へと切り替えられる予定だ。中村室長は「久米島全体の電気消費量は6メガワット程度。将来的には島内の電気をすべて海洋温度差発電でまかない、エネルギーの完全自給自足を目指している」と語る。
 発電所を通った海洋深層水は様々な産業で利用されている。海ぶどうとクルマエビは久米島が全国トップシェアを誇る水産品だが、いずれも海洋深層水の活用なしには大量養殖を実現できなかった。
 「成長が遅いと出荷の時期がずれ込むし、早すぎても粒の間隔が広がってしまう。光を当てすぎても横枝が生え、きれいに粒がそろわない。そんな外的環境に左右されやすいデリケートな商品だからこそ海洋深層水が必要なのです」

 久米島の海ぶどう養殖所では年200tもの海ぶどうを出荷している。深層水と表層水とをブレンドし、水温を25℃前後に調整することで、一年中、安定して養殖できるようになった。

0405.jpg
全国一の出荷量を誇る久米島の海ぶどう養殖所。広大な敷地に数多くのいけすが並ぶ
 深層水の特徴である低温性は、活用範囲が広い。例えば、ほうれん草やトマトといった比較的冷涼な気候で育つ野菜の栽培。沖縄では露地で育てることが難しかったが、地中に張った送水管を通して冷たい深層水を流す方法を使い、栽培に成功した。この手法に注目した大手製薬メーカーが近く久米島での野菜栽培事業に乗り出すことが決まっている。
 化粧品メーカー、ポイントピュールは海洋深層水の清浄性を生かした純度の高い化粧品を生産している。同社企画担当の古見実也氏は「化粧品の9割は水でできている。その水にこだわった結果、海洋深層水にたどりついた」と話す。

「あたらない」カキを新名産に

 深層水の3つの特徴をすべて生かした商品開発に乗り出すのが、全国で33店舗のオイスターバーを運営するゼネラル・オイスター(東京都中央区)だ。同子会社のジーオー・ファームは生で食べても「食あたりしない」カキの大量生産を進めている。
 深層水の低温性はカキを育てる水槽の水温調整などに活用。カキの産卵から成貝に育てるまで一貫して深層水を使うことで、食あたりの原因となるウイルスに汚染されない環境を作り上げた。さらに深層水の富栄養性という特徴を生かし、カキの餌となる植物プランクトンの大量培養にも成功した。
 ジーオー・ファームの鷲足恭子社長は「あたらないカキの実現には海洋深層水が欠かせない。2020年に年数百万個を出荷できる体制を整え、カキを久米島の新しい名産にしたい」と意気込む。

久米島の海洋深層水で世界初の一貫した陸上養殖される安全な牡蠣 ←詳細はCLICK

0607.jpg
写真上はポイントピュールが生産する化粧品。写真下はジーオー・ファームが進める「あたらない」カキの養殖設備
 ジーオー・ファームが久米島にカキの養殖設備を置いたのは、海洋深層水だけが理由ではない。「久米島の立地も大きかった」(鷲足社長)という。

 中国や東南アジアの富裕層を中心に生ガキの人気は高まっている。沖縄・那覇空港近くにある国際物流基地を活用すれば、久米島から時間とコストをかけずに輸出することが可能になるからだ。

ゆるキャラだけでは埋没してしまう

 移住プログラム、オリジナル動画の作成、ふるさと納税、ゆるキャラ、B級グルメ…。東京一極集中を是正し、地方の活力を取り戻すことを目的に始まった安倍政権の地方創生政策だが、人やカネを集めるために企画される事業はどれも似たり寄ったりなのが現状だ。コンサルタント会社やPR・広告会社が地方自治体に対し積極的な営業をかけ、パッケージ化された同じようなメニューばかりを提示する弊害も指摘されている。
 久米島でも、いかに観光客を集めるかという点ばかりに腐心していた時期があった。だが、「きれいなエメラルドグリーンの海」だけでは、大型リゾートホテルが建ち、定期便数が多い石垣島や宮古島など他の離島には敵わない。そこで発想を転換、久米島でしか実現できないものを探し出した末に、海洋深層水に行き着いたという。
 「非東京」という打ち出しだけで満足してしまえば、特性は生まれない。結果として、地方創生は単なる掛け声だけで終わってしまうことになるだろう。現在、深層水取水設備の大規模増設を計画している久米島。計画に合わせて東京に本社を置く大企業の誘致案件もいくつか浮上しているといい、オンリーワン戦略が大きな実を結ぶことになりそうだ。

08.jpg
久米島は海洋深層水に特化した産業振興でオンリーワンの存在を目指す

詳細は↓をCLICK
日経ビジネスlogo_NBO.png

参考
地図: 久米島
海洋深層水 Wikipedia

スポンサーサイト
技術・研究

(ひらけ!進路・新路・針路)花開く夢の糖 希少糖パワー、世界が注目

kishoutou2.jpg
希少糖研究を担う「生産ステーション」で研究する香川大の学生たちと何森名誉教授(前列左端)。ここで希少糖の大量生産に成功したことが、様々な分野での研究につながった=香川大国際希少糖研究教育機構

■今日の授業(9日)花開く夢の糖

 自然界にわずかしか存在しない糖「希少糖」。かつて何の役にも立たないと思われていた「落ちこぼれの糖」は、今や食品としてだけではなく、農薬や化粧品、工業製品まで、無限の可能性が広がる「夢の糖」として注目を集めています。研究発祥の地、香川をたずねました。
Kagawa univ

 ■食品・医療…広がる領域
 高松市に隣接する香川県三木町の香川大学農学部キャンパス。希少糖研究の心臓部「希少糖生産ステーション」では、日々学生たちが希少糖の生産と分析研究を重ねる。
 希少糖は自然界にわずかしか存在しない糖の総称。砂糖の7割の甘さがありながら、糖の吸収を抑える抗肥満作用があるなど、様々な効果が注目されている。
 その希少糖の大量生産に初めて成功したのが、香川大だ。名誉教授の何森(いずもり)健さん(73)が発見した酵素の働きで、果糖から希少糖を作ることが可能になった。
 香川大では、ここで生産した希少糖をもとに、農学部、医学部、工学部、教育学部などが連携して希少糖研究を進める。
 農学部4年の大谷夏生さん(22)は、農薬としての可能性を研究している。実験で希少糖を混ぜた水溶液を稲にかけたところ、病気に強い傾向などが確認できた。なぜそうした作用を生むのか、メカニズムは謎だ。「希少糖には予想のつかない力が潜んでいる。未知の可能性をひしひしと感じる」
 同じ研究室の石原亜由美さん(23)は、植物の病原体となるカビに対する希少糖の効果を調べている。「全ての研究に前例がないので、常に世界初の研究に挑戦できる面白さがある」と言う。
 農学部以外では、アンチエイジング効果や医療品開発、工業分野での研究も進む。米誌「ニューズウィーク」が2015年、希少糖の特集を組み、世界から注目を集める。
 研究は地域活性化にも一役買っている。
 農学部から車で約30分の場所にある「三木町希少糖研究研修センター」。少子化の影響で約10年前に閉校になった学校で、三木町と香川大が連携して研究施設として活用している。
 ここで働くのは、地域の高齢者たち。白衣に白い手袋をはめ、両手に握ったピンセットを器用に使い、観葉植物「ズイナ」の苗を茎を短く切って、シャーレの培地に植えていく。地球上に約20万種ある植物の中で唯一希少糖D―プシコースを含むズイナの組織培養。農学部が研究用に技術を開発し、地元住民が作業を担う。学生と住民の交流の場所にもなっている。
 多田初江さん(82)は「最初はうまくできるか不安だったけど、学生さんたちがようけ教えてくれてな」と言う。鎌谷誠一さん(66)は「ここに来ると若い人からエネルギーをもらえて、いい気分転換になる。我々のパワースポットよ」と笑う。

 ■当初は見向きもされず
 今や海外からも注目を集める希少糖研究は25年前、香川大でひっそりと生まれた。
 木々に囲まれたキャンパスの一角に「希少糖研究発祥の地」と刻まれた石碑がある。
 当時、希少糖は研究者の間で「見向きもされない糖」で、研究対象にもなっていなかった。だが、何森さんは「世の中に存在するものには必ず意味がある」と信じて希少糖の生産、研究を続けた。
 希少糖作りに必要な新しい酵素を探そうと、あらゆる場所の土を採取し、調べていた。25年前、農学部食堂裏の土の中から、その酵素を発見。希少糖の大量生産が可能となり、一気に研究が花開いた。「人は人生に一度か二度は自然からプレゼントをもらえる。あの時がまさにそうだった」と振り返る。その後、何森さんは、約50種類ある希少糖の全てを人工的に作ることができる設計図「イズモリング」を完成させた。
 臨床実験を繰り返す中で、糖の吸収を抑えるなど、希少糖の知られざる「能力」が明らかになっている。
 希少糖の名前を広めたのは、希少糖を含むシロップ「レアシュガースウィート」。香川大とでんぷんメーカーの松谷化学工業(兵庫県)などが協力して開発し、2013年から全国販売を始めた。健康志向の消費者の心をつかみ、商品は大ヒット。希少糖を使った商品は、ソーダやあめ、ケチャップなど今や千種類以上ある。
 「研究の世界には、希少糖のようにまだ見落とされているものがある。地方大学だからこそ、時間をかけてじっくりとできることがある」と何森さんは考えている。
 (宮嶋加菜子)

 ■<ここが大事>効率重視では出会えない 香川大・何森健名誉教授
 もともと私が希少糖研究を始めた理由は、誰もやっていない研究だったから。当時、希少糖には誰も見向きもせず、研究費用はほとんどなかった。だからこそ、明るくじっくりと研究ができる、と思えました。四国のお遍路さんと同じです。効率を重視してお金を使ってタクシーで回ったら、思いもよらない出会いや喜びもない。
 今はすぐに結果を求められる時代ですが、私は新しい何かは、時間をかけて自分の五感を使う中でしか生まれないと思います。研究や学びの中で、自分だけの宝物を見つけよう。そんな気持ちを持って大学をめざしてみてはどうでしょうか。

2016年10月9日05時00分
詳細は↓をCLICK
朝日新聞



ご覧頂いた皆様ありがとうございます。
この記事は朝日新聞さんが大学選びの一例として紹介頂いた記事です。

 何森名誉教授は小生の大学研究室時代の助手の先生で、同じ研究室出身の直接の先輩(云わば兄弟弟子)にあたられます。
同研究室での研究成果が世界的にも認められ、地元香川県をはじめ地域おこしの素材としても多方面に紹介されています。
私達が入学した当時(約30年前)は、高度成長時代であり、理系の花形学部は工学部・理学部等であり、農学部はマイナーな存在に甘んじていたと思います。
ところが近年 暮らしや食、或いは自然に近い学部として見直し気運が高まり、入学希望者が増加傾向にあるようです。
元々男子学生が主体の学部ではありましたが、徐々に女性の比率が増しているとのことです。

将来の方向性を決める大学選び、是非農学部に関心を持っていただければ幸いです。
何森先生をはじめ後輩諸氏の益々のご活躍をお祈り致します。

技術・研究

ペットボトルを食べる細菌発見 「分解できぬ」定説覆す

写真・図版 PETを分解する細菌「イデオネラ サカイエンシス」(小田耕平名誉教授提供) 写真・図版
PETを分解する細菌「イデオネラ サカイエンシス」(小田耕平名誉教授提供)

 ペットボトルなどの素材として利用されているポリエチレンテレフタレート(PET)を分解して栄養源とする細菌を発見したと、京都工芸繊維大や慶応大などの研究グループが発表した。石油から作るPET製品は生物によって分解されないとされてきた定説を覆す成果だという。11日付の米科学誌サイエンスに掲載された。

 研究チームは、自然界にPETを分解する微生物がいないか探すため、ペットボトルの処理工場などでPETのくずを含んでいる土や汚泥などを採取。試料を厚さ0・2ミリのPETフィルムと共に試験管で培養したところ、PETを分解する微生物の群れを発見し、PETを分解して生育する細菌だけを取り出すことに成功した。大阪府堺市で採取したサンプルから見つかった菌であることから、「イデオネラ サカイエンシス」と命名した。

 この細菌に含まれる酵素に関する遺伝情報を調べたところ、PETを好み、常温でよく分解する性質があった。最終的には二酸化炭素と水に分解した。

 PETは繊維やペットボトルなどに幅広く利用されているが、リサイクルは高温高圧の状態で化学処理する方法が一般的で、再処理される量も一部にとどまる。京都工芸繊維大の小田耕平名誉教授は、「微生物を利用できれば、少ないエネルギーで環境に優しいリサイクルが実現できる」と話す。(佐藤建仁)
2016年3月12日07時34分

詳細は↓をCLICK

朝日新聞DIGITAL

技術・研究

再生エネ:サツマイモ発電 酒造が取り組み年1億5千万円

AA8uPdV.jpg

 焼酎メーカー大手の霧島酒造(宮崎県都城市)が昨年9月から、「サツマイモ発電」に取り組んでいる。芋からできた電力は、地元の電力会社を通じて工場の外でも利用されている。東日本大震災以後、関心が高まった再生可能エネルギーの実践の場を訪ねた。

 ◇「かす」を原料に

 約2万9000年前、鹿児島湾周辺で発生した姶良(あいら)大噴火により、九州南部一帯は火山灰に覆われた。

 サツマイモ栽培に適したこの地で、同社の4工場(いずれも同市内)は1日に計約29万リットルの芋焼酎を製造している。4工場のうち発電施設を備えているのは本社増設工場。焼酎を製造する施設の隣に、発電関連設備「焼酎粕(かす)リサイクルプラント」が併設されている。

 焼酎は、米こうじと蒸したサツマイモと水を混ぜて発酵させ、蒸留して水とアルコール分を集めたものだ。濃いクリーム色のどろっとした液体を巨大な蒸留器に移し、蒸気を吹き込みながらかき混ぜて蒸留すると、透明の焼酎が抽出される。

 このとき、蒸留器に残った焼酎かすが電気のもとになる。これを焼酎工場からリサイクルプラントに移す。

 ◇年間1億5000万円分

 同社では1日に320トンのサツマイモを使う。米や水など他の材料が加わり、焼酎かすは1日650トン、多い時は800トンに膨れ上がる。さらに、皮の部分など芋くず10トンも生じる。焼酎かすと芋くずをリサイクルプラント内のメタン発酵装置に送り込み、発酵させると、主成分がメタンのバイオガスが発生する。

 このガスは可燃性で、発電機の中でガスを燃焼させると、電気が発生する。構造はガソリン車と同じだ。工場内にはオーストリア製のエンジンを搭載した発電機が3台設置されていて、同社によると年間約400万キロワット時の電力が発生する。一般家庭の年間消費電力量で換算すると、約1000世帯分に相当するという。また、国の再生可能エネルギー「固定価格買い取り制度」を使って九州電力(福岡市)に売電し、地元で利用されている。売電収入は年間1億5000万円程度。設備投資の費用は約15年で回収できる見込みだ。

 発電機は大きな倉庫のような見た目で、中には四角い箱やエンジン、太い管が取り付けられていた。稼働中に扉を開けても静かで、全く騒音がなかった。

 蒸留器の中に残った焼酎かすと、メタン発酵装置で分解処理した後に残る発酵液、さらに発酵液を脱水機にかけて液体と分離させた固形分を、特別に見せてもらった。焼酎かすはどろっとして、ミルクティーのような色の液体。みそのような発酵食品特有の臭いがした。発酵液は一見、泥水だが、卵が腐ったような臭いがする。固形分は泥の塊に見えるが、鼻にツンとくるアンモニア臭がした。固形分は乾燥させて、畑の有機肥料として活用しているという。原料の芋を余すところなく使い切る取り組みで、地元の畑にまかれて、再びサツマイモへと姿を変えるのだ。

 また、同社では、バイオガスの一部を熱源にして、高温の蒸気ボイラーとして芋や米を蒸すエネルギーに利用している。

 ◇地域活性化へ

サツマイモ発電の流れ© 毎日新聞 サツマイモ発電の流れ
 近年、バイオガスを含むバイオマス発電は、再生可能エネルギーの一つとして注目されている。資源エネルギー庁によると、太陽光発電や風力発電と異なり、天候の影響が少ないため、燃料を確保できれば安定した電源になると期待されている。

 一方で、バイオガスによる発電量はまだまだ少ない。2014年6月現在、再生可能エネルギー発電の買い取り電力量は累積で約310億キロワット時で、そのうち54%を太陽光発電が占める。植物や動物に由来する資源を使ったバイオマス発電はわずか14%で、メタンを発生させるバイオガス発電はそのうちさらに1%程度(同年8月現在)しかない。

 サツマイモ発電の他にユニークな発電では、香川県でうどんの残りかすを使った「うどん発電」、愛媛県でミカンの搾りかすを使った「みかん発電」が有名だ。これまで捨てられていた特産品の廃棄分が資源になるため、同庁は「地域活性化にもつながる」とみている。【鈴木敦子】

2015年01月23日 11時07分(最終更新 01月23日 15時38分)

詳細は↓をCLICK
毎日新聞



技術・研究

深海エビ、地球外生命体の鍵を握る? NASA研究

nasa-shrimp.jpg



(CNN) 深さ2300メートルの海底で熱水を噴き出す煙突状の岩の周りに生息するエビは、太陽系の惑星の過酷な環境にすむ地球外生命体の鍵を握る存在かもしれない――。米航空宇宙局(NASA)がそんな説を発表した。

NASAが注目したのはカリブの海底に生息する「リミカリス・ハイビサエ」というエビの一種。セ氏400度にも達する熱水噴出口付近に生息する。太陽光は届かず、エビたちは噴出口内の細菌が生成する炭水化物を餌にしているという。

細菌がこれほど過酷な環境で存在できるなら、地球以外の惑星や衛星でも存在できる可能性はあるとNASAの研究者は推測する。特に注目されるのが、地表の下に海があるといわれる木星の衛星エウロパだ。

「エウロパに生命が存在しているとすれば、微生物の可能性が最も高い」「こうした生物がエウロパに存在できるかどうかは、熱水噴出口から放出されるエネルギーの量にかかっている」。NASAジェット推進研究所の専門家はそう解説する。

リミカリス・ハイビサエが生息する深海の熱水噴出口内には硫化水素が豊富にあり、化学反応によって有機物が生成されているという。

しかしこのエビの体内からは、同じエビの残骸も見つかっており、細菌によって生成される炭水化物の餌が取れない時は共食いしていることも分かった。

2014.11.24 Mon posted at 11:43 JST
詳細は↓をCLICK
CNN.co.jp

このカテゴリーに該当する記事はありません。