話題を醸(かも)す !!

報道各社のニュース記事や巷(ちまた)の話題などを 「みそやの大将」が醸します。✪
MENU
スポーツ

日本、快挙の初優勝=決勝でマレーシア破る―トマス杯バドミントン

m0017245233.jpg
 【ニューデリー時事】バドミントンの国・地域別対抗戦、男子トマス杯は25日、ニューデリーで決勝が行われ、日本はマレーシアに3―2で競り勝ち、1949年に始まったトマス杯で初優勝を果たした。

 日本は第1シングルスで田児賢一(NTT東日本)が世界ランキング1位のリー・チョンウェイにストレート負けしたが、第1ダブルスの早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)が逆転勝ち。第2シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)が勝ち、第2ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が敗れ、2―2で迎えた第3シングルスで上田拓馬(日本ユニシス)が勝った。

 日本は準決勝で中国の6連覇を阻む殊勲の勝利を挙げ、初めて決勝に進んだ。 
2014年5月26日(月)01:05
詳細は↓をCLICK
時事通信



まさに快挙!! wink01.gif



【関連記事】

男子初の世界一 バドミントン トマス杯

PK2014052602100042_トマス
マレーシア戦の第2試合ダブルスで逆転勝ちし、喜ぶ早川(奥)、遠藤組=ニューデリーで(ロイター・共同)




 男子の国・地域別対抗戦、トマス杯は25日、ニューデリーで決勝が行われ、日本がマレーシアに3-2で勝ち、1949年から続く大会で史上初優勝を果たした。

 第1試合のシングルスで世界ランキング4位の田児賢一(NTT東日本)が世界1位のリー・チョンウェイに敗れたが、第2試合のダブルスで世界3位の早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)が逆転勝ちし、続くシングルスの19歳の桃田賢斗(NTT東日本)も勝った。

 ダブルスで園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が逆転負けしたが、最終第5試合のシングルスで世界25位の上田拓馬(日本ユニシス)が66位の選手を2-1で下し、優勝を決めた。

 日本は23日の準決勝で6連覇を狙った中国を3-0で倒した。女子のユーバー杯では過去に5度の世界一があるが、男子は初の決勝進出だった。 (共同)

 <男子トマス杯、女子ユーバー杯> 国・地域別の対抗戦で、テニスのデ杯、フェド杯に相当する。個人戦の全英オープンとともにバドミントン界伝統の大会。1949年にスタートしたトマス杯の名称は世界バドミントン連盟のジョージ・トマス初代会長が銀製のトロフィーを寄贈したことに由来する。全英オープン混合ダブルス優勝のベティー・ユーバーが寄贈したユーバー杯は57年に始まり、日本はこれまでに5度優勝した。 (共同)

2014年5月26日 東京新聞朝刊


スポンサーサイト
スポーツ

【モデル女医のカラダ雑学】44. 運動後のお酒、ちょっと待って!

chin kana陳 佳奈(ちん かな)
日本で医師免許を取得後、本格的にモデル活動を始める。現在ニューヨーク在住。
好奇心の赴くまま色々なことに挑戦しながら、アンチエイジングと予防医学について学び、広めていくのが目標。
オフィシャルブログ「model, doctor & new york」
所属事務所「OKAZAKI MODELS」ホームページ




明けましておめでとうございます。
おかげさまでこのコラムも無事新年を迎えることが出来ました。
今年もよろしくお願い致します。

さて。
前回は空腹時にお酒を飲むと普段より酔ってしまう理由を解説した。
実はもう一つ、気をつけてほしいシチュエーションがあるので、今日はそれについて解説しよう。

年末年始の飲み会やごちそうでふくよかになった体を戻したいと、新年からトレーニングに励む人も多いことだろう。東京マラソンに向けて真剣にランニング練習をする人もいるのではないだろうか。きついトレーニングの後、疲れた体にご褒美の一杯を!水分補給の代わりにビールを!

なんて考えている人、ちょっと待ってほしい。激しい運動の後にアルコールを飲むとこれまた危険なのでやめよう。脱水でかつ筋肉が疲れている状態で大量にアルコールを飲むと疲労感が増し、意識がもうろうとし、ひどい時は気を失ってしまうこともある。

なぜだろうか。運動後は乳酸という物質が体内にたまり、体内は酸性になって疲労感を感じる。しかし体内には乳酸から新たにブドウ糖を作り出す回路があり、この回路のおかげで体はまたもとの状態に戻ることが出来る。

実はこの「乳酸→→→ブドウ糖」の回路にもNADが必要なのだ。詳しく言えば、ブドウ糖を作り出すためにはまず乳酸をピルビン酸という物質に変える必要があり、この段階でNADが補助役として必要になるのだ。
アルコールの代謝


しかし前回説明したように、アルコールを無害な物質に代謝する時にもNADが必要となる。激しい運動後はNADを使って乳酸を排除しなくてはならない。そんな時にアルコールを大量に飲むとアルコールを代謝する方にNADが使われてしまい、乳酸は体内に残ったまま となってしまう。

空腹状態で激しい運動した後にアルコールを飲むのはもっと危険だ。脂肪からエネルギーを作り出すのにNADが使われてしまうのでアルコールの代謝がおろそかになる上、乳酸からブドウ糖を作り出す回路が機能せず、血糖が足りなくなってしまう。(血糖が高すぎるのも問題だけど血糖が低すぎるのも危険。)

人気の補助役、NADを酷使しすぎないよう、気をつけたいものだ。
マラソンなどの過酷なスポーツをする人は特に気をつけてほしい。

2014年1月 4日

詳細は↓をCLICK
apital(朝日新聞の医療サイト)
コラムのバックナンバー


スポーツ

バドミントン、打ち返し正確に ヨネックス

アークセイバー11
YONEXアークセイバー11
YONEX



 ヨネックス(7906)は2月中旬、強いスマッシュでも正確に打ち返せるバドミントンラケット「アークセイバー11(イレブン)」を売り出す。フレームの内側部分にしなやかさを増した新素材のカーボンナノチューブ、外側部分には強度の高いチタン合金を使い、トランポリンのように打ち返したときの反発力を高めた。

 シャフトとフレームの結合部にはねじれに強い素材を採用することで、打ち返したときのコントロール性能を向上させたという。定期的に大会などに出場している中~上級者の需要を見込む。

 希望小売価格は2万5200円。カラーはレッド。全国のスポーツ用品店で販売する。ラケットを軽量化して振りやすくし、レシーブのミスを低減できる「アークセイバーFB(エフビー)」も同時発売する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2013/1/22 12:03

詳細は↓をCLICK
日本経済新聞

スポーツ

パナソニック、バドミントン、バスケを休部へ

 パナソニックが、バドミントン部とバスケットボール部を今季限りで休部させる検討に入ったことが17日分かった。テレビの価格下落で収益が悪化しており、経営合理化の一環としてスポーツ事業を縮小する。

 バドミントン部は、子会社化した三洋電機が1980年に創設した。かつては「オグシオ」の愛称で知られ、女子ダブルスで2008年北京五輪5位となった小椋久美子選手、潮田玲子選手(現日本ユニシス)も所属。日本リーグでの優勝は15回を数えるなど、強豪として名をとどろかせた。

 バスケットボール部は1952年に設立した。日本リーグでは13回の優勝を果たすなど名門で、大阪府枚方市を本拠地に活動している。

 パナソニックは2012年3月期連結決算で、純損益が過去最大の7721億円の赤字を計上。人員削減を柱とした本社部門の改革を進めている。

 パナソニックは両部のほか、野球やラグビー、バレーボールのチームを抱えている。

2012.9.17 14:31

詳細は↓をCLICK

産経新聞



電器業界の雄 パナソニックがついに実業団スポーツの縮小・整理に入ったようだ。
特に吸収合併した三洋電機以来の名門バドミントン部を休部するとは残念である。

スポーツ

バドミントン道具

1227790463852.jpg

大将は先ほどバドミントンの定期練習から帰ってきました。


写真はバドミントンの七つ道具です(OHくんタオルもあります)

1226831857922.jpg




大将のプロフ写真は、オグシオペア最後の試合で優勝した時の様子です。ちょうどブログデビューの日だったので記念に使わせてもらいました。(現在は変更)

 

1227827510564.jpg
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/081111/oth0811111812003-n1.htm

1227825766077.jpg
◊定練風景◊

このカテゴリーに該当する記事はありません。