話題を醸(かも)す !!

報道各社のニュース記事や巷(ちまた)の話題などを 「みそやの大将」が醸します。✪
MENU
せんりゅうの川柳

【ビジネス特集】 サラリーマン川柳 30年史

2月14日 16時15分

biz_0214_eyecatch.jpg

退職金 もらった瞬間 妻ドローン (元自衛官)

「五・七・五」のリズムで、職場の複雑な人間関係や、せちがらい世間を皮肉る「サラリーマン川柳」。生命保険会社が一般から作品を募集している毎年恒例のコンクールは、ことしで実に30年を迎えました。

バブル景気とその崩壊、そして、長引くデフレ経済… 激動の30年を世のサラリーマンたちは、どんな嘆きを抱え、どう乗り越えてきたのでしょうか。悲哀を笑いに織り込んだ名句から“詠み解き”ます。
(経済部・峯田知幸)

世相を映し出す鏡

ことし、節目の30回を迎えたサラリーマン川柳。13日、5万5000句を超える応募作の中から、主催する会社が選んだ優秀作品の100句がお披露目されました。

今回、選ばれた作品を見てみると、長時間労働の是正など「働き方改革」をテーマにした句が多いことに気付きます。その大半は、職場が掲げる理想と現実のギャップを嘆いています。

効率化 提案するため 日々残業(ビジネスマンみっちゃん)

ノー残業 居なくなるのは 上司だけ(仕事人間)

川柳というと、中高年のおじさんの趣味というイメージがあるかもしれません。しかし、主催する会社によりますと、今回、女性の応募は前年に比べて2倍以上に増加。さらに、30歳未満の若い人たちの作品も40%増えたということです。

背景には、働く女性の増加や、SNSやツイッターで若者が短い文章で自分を表現する文化が浸透していると分析しています。

落ちたのは 女子力、体力、保育園(働くママ・30代女性)

欠席も スタンプひとつ 新社員(えま・20代女性)

流行語や時事ネタが織り込まれた句も、サラリーマン川柳を味わう楽しみの1つ。まさに世相を映し出す鏡と言えます。

こづかいも マイナス金利と 妻が言う(すきま風)

カープ好き 妻みて思う 女子なのか(カープ男子)


biz_0214_01_happyou.jpg

原点は社内広報誌

すっかり定着したコンクール。誕生のきっかけは、1986年に発行された社内広報誌でした。社員に投稿を呼びかけると、赤裸々な本音が詠まれた川柳が次々と寄せられたのです。

川柳の脇には“作者の独り言”も…
秋の空 昔は女 今、上司
(コロコロ変わる上司の心についていくのは大変です)


中には、あまりにリアルで、苦笑を禁じえないこんな句も。
むりやりに 川柳つくらす 鬼副長
(川柳なんて作れませんと言っているのに…)

biz_0214_02_book.jpg


サラリーマンが詠む日本経済30年

社内の反響に手応えを感じ、1987年に、広く作品の募集を始めて30年。応募された川柳は、実にのべ110万句に上ります。

激動の日本経済を、サラリーマンはどう切り取り、詠んできたのでしょうか。

第1回のコンクールが行われた1987年、日本はバブル景気のまっただ中。2年後の1989年12月29日、日経平均株価は終値で3万8915円の史上最高値を更新。“土地神話”に踊り、不動産価格は天井知らずのうなぎ登り。

そのころに詠まれた句は…
一戸建て 手が出る土地は 熊も出る(ヤドカリ・1990年)


CMは 疲れた中年 狙い打ち(薬屋・1990年)

2つめの句は、「24時間タタカエマスカ」のフレーズが流行語にもなった栄養ドリンクの広告を詠んだもの。好景気に沸く中、「昼夜を問わず働け!」という空気が充満していた時代でした。

しかし、まもなく資産バブルが崩壊。1992年には、日経平均株価が1万5000円を割り込むまで急落し、サラリーマンの気持ちも穏やかではなくなっていきます。雇用の悪化を表現する“就職氷河期”なる造語が生まれたのも、この時期です。
あの時に 売ればこの株 このマンション(過去の夢・1992年)


おととしに 来てたら君は 即採用(不採用担当・1993年)


十二支が 『ねーリストラ』に 聞こえたり(業績不振・1994年)

その後、サラリーマンの不安はさらに深刻に。1997年以降の金融不安です。バブル崩壊に伴う不良債権処理などが課題となる中、三洋証券や北海道拓殖銀行が経営破綻し、山一証券は自主廃業…。多くの企業でリストラが進み、その厳しい空気は川柳にも反映されています。

窓際で 居られた頃が 華だった(迷仙・1998年)

しっぽ切り トカゲはいいな 生きられる(一笑懸命・2001年)


ついに来た 俺も週休七日制(山川草木・2002年)


大丈夫 君ならやれる 別の事(リストラマン・2004年)

2000年代半ばになると、いったん、リストラを想起させる句は減少します。しかし、デフレ経済が長期化し、サラリーマンの平均給与も減少。切ない節約志向や、小遣いの少なさを嘆く句が多くの共感を集めるようになりました。

仕事減り 休日増えて 居場所なし(居候・2008年)

仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い(北の揺人・2009年)


円高だ! 海外行くぞ 円が無い(縁結び人・2011年)


小遣いの 異次元緩和 未だなし(三児の父・2014年)


川柳で人生が変わる?!

時代の変遷にあわせてサラリーマンの嘆きも変わっていきますが、一方で不変のテーマが「家族」です。今回、私は、16年前に詠まれた川柳の作者を取材しました。

Iモード 妻にも欲しい 愛モード(独楽・2001年)

これは、当時の携帯電話による通信サービス「iモード」にかけた1句。作者は、青森県弘前市の齋藤厚さん(66)です。

厚さんと妻の笑子さんは、ともに元教師。互いに仕事に追われ、すれ違いの日々が続いていたといいます。齋藤さんは「教え子のために、いい授業をしようと頑張っているのは大事な愛情だけれど、僕にも3分の1くらい愛情をくれよという思いだった」と当時を振り返ります。一方、笑子さんは「え!寂しかったのという感じで。時間に追われて、ゆっくり向き合う時間がなかった」と語ってくれました。

川柳をきっかけに、ふたりは互いの関係を見つめ直すことにしました。そして、毎年、手作りの誕生日カードを送り合うことにしたのです。言葉にできない気持ちをつづることで、心の距離も縮まっていきました。16年がすぎた今、齋藤さんが詠んだ川柳です。

ユー(You)が居て 笑顔あふれる I(愛)がいる

寄り添いつづけるサラリーマン川柳

サラリーマン川柳が歩んだ30年の歴史は、日本経済にとって厳しい冬の時代とほぼ重なるといえます。そんな日々を懸命に生き抜いてきたサラリーマンが、面と向かっては吐き出せない本音の受け皿になってきたのが、サラリーマン川柳ではなかったでしょうか。

作者がうっぷんを晴らすだけでなく、同じ境遇の人が読めば「ひとりじゃないんだ!」と共感し、心の支えになったかもしれません。それが、長い間、支持を集めてきた理由だと感じました。そして、2017年。年明けから、アメリカのトランプ政権発足で、多くの人たちが新たな不確実な時代が始まったと感じているでしょう。これからのサラリーマン川柳は、どんな世相を映し出すのでしょうか。
biz_0214_kisha.jpg
経済部
峯田知幸 記者

詳細は↓をCLICK
NHK NEWSWEB
logo_20170222080029f35.png

この記事が役に立ったらいいね!してね

スポンサーサイト
せんりゅうの川柳

【せんりゅうの川柳】vol.10 舛添都知事 政治資金疑惑で

第三者に 丸投げ都知事は ほっかむり

(どこかほっかむりをかぶったねずみ男に似ている)

13267947_1072305779519603_2632904855105967111_n.jpg
NETより拝借

せんりゅうの川柳

【せんりゅうの川柳】9 師走選挙

1355605823340.gif

「日本のアナウンサー」 Wikipediaより

選挙関連

選挙立候補者の応援演説や、選挙カーから候補者名や政策を連呼する活動が知られる。女性の場合、その声を鳥に例え「ウグイス嬢」と呼ばれる。男性の場合「カラス君」や「カラスボーイ」の俗称があるが、女性が一般的なのであまり使われない。

1355607047588.jpg

本日は 衆議院選挙の投票日

先日の深夜番組で各党の党首が出演して激論を交わす番組を見ていて、そろそろ終盤戦を思わせるガラガラ声のやりとりでふっと浮かんだのがこの句

さて、結果はどう出るのか 選挙には必ず行きましょう(^^♪

せんりゅうの川柳

【せんりゅうの川柳】8 孫の成長記録

1353960114133.gif

いろんな言葉を発するようになった孫

一番うれしいのが句にある言葉。

でも、いつまで言ってもらえるだろう


せんりゅうの川柳

【せんりゅうの川柳】7 孫の行水

1343126586787.gif

7月生まれの2歳の孫は行水が大好き!! 大声で叫びながら水浴びを楽しんでいる(^^)v

詳細は↓をCLICK

1343126667897.gif

1343194066483.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。