FC2ブログ

話題を醸(かも)す !!

報道各社のニュース記事や巷(ちまた)の話題などを 「みそやの大将」が醸します。✪
MENU
イベント

京都嵐山の得意先 発酵食堂カモシカさん主催の燗酒ナイトに参加

阪急嵐山駅
阪急嵐山駅

昼過ぎにJR赤穂線長船駅を出発 電車を乗り継いで嵐山にやってきました。

嵐山亭の女将さん達

先に30年近く前、甘酒を売込むために飛込み営業で無謀にも本場京都の茶店等甘酒メニューを掲げておられるお店を片っ端に訪問し、サンプルをお渡しして取扱を乞うも敢え無く惨敗
永い伝統と保守的体質を誇る京都の老舗に売込む事は至難の業でどのお店も門前払の連続。
途方に暮れながら立ち寄った嵐山中ノ島にあった「嵐山亭」さん(写真参照)の女将さんが唯一OKを出して下さり以後永いご愛顧を頂きました。
残念ながら数年前に水害にてお店は流され、ご苦労の末現在はうどん専門店として盛業されておられます。
小生の営業駆け出し当時、最初のお得意様になって頂いたこの快挙は、その後の営業活動に大きな自信と意欲を与えて頂きました。
感謝の気持ちをお伝えしたくて
嵐山亭さんのホームページ

嵐電嵐山駅
嵐電嵯峨嵐山駅

JR嵐山駅
トロッコ列車
トロッコ列車

JR嵐山駅の路線案内図
JR嵐山駅の路線案内図


JR嵐山駅から北へ徒歩1分醗酵食堂カモシカさんへ到着
既に楽しんでおられるお客様も
セレクトされたお酒
セレクトされた燗酒向き日本酒の数々

燗酒ナイト
燗酒ナイト

同時にお呼びした友人2名と一緒に大いに楽しみました。
毎月こうしたイベントを企画されているとのこと またの機会にも参加させていただきたいと思います。
発酵食堂カモシカさんのInstagram

この記事が役に立ったらいいね!してね





スポンサーサイト
イベント

中世随一の商都のにぎわいが現代に蘇る/福岡の市(岡山県 備前福岡)

9686.jpg

岡山県南部、岡山三大河川のひとつ吉井川沿いにある集落『福岡』は歴史豊かなまちです。
古くは、国宝『一遍上人絵伝(いっぺんしょうにんえでん)』に、商都としてのにぎわいの様子が描かれ、宇喜多家、黒田家という名だたる武将たちとの縁を持つことでも知られるかつての山陽の要所です。
九州の福岡は、その地を治めることになった黒田長政が、黒田家の礎の地であった備前福岡から取り、名付けたと言われています。
9687.jpg

その中世随一の商都と呼ばれたにぎわいを再びと、『地方創生』という言葉もないころから、地元の有志たちで行われているのが『福岡の市』。
毎月第4日曜日に開かれる地産地消の青空市です。
9688.jpg

9689.jpg

福岡の市には毎回、地元の旬の野菜やフルーツ、それらを使った手作りの品々が並びます。

9690.jpg

こちらは、無添加・手作りにこだわった地元の『名刀味噌』の赤味噌。

9691.jpg

牛窓のかまぼこ屋・中光商店では、揚げたてのかまぼこが食べられます。

9693.jpg

こちらはなんと本物の『刀匠(とうしょう)』による包丁研ぎ。
備前福岡とお隣の備前長船は、刀剣の産地としても有名で、実に国宝の刀剣の半分がこのまちから生まれています。黒田家の家宝で、国宝『一文字』も備前福岡でつくられました。
このまちでは、今でも多くの刀匠が刀をつくっているのです。

9695.jpg

一遍上人の辻説法を模し、毎回、地元・妙興寺の住職が辻説法(つじぜっぽう)を行います。
さすが、中世随一の商都。演出もひと味違います。

9698.jpg

福岡の市がはじまったのは、2006年2月。
地方創生と言われ、多くの地域がまちおこしを企画していますが、継続していくのはとても大変なこと。けれど福岡の市は、出店者たちも楽しみながら気付けば開催回数も100回超。今では、岡山の名物市として、地元の方から観光客まで多くの方が訪れ、かつてのにぎわいをまちに呼び戻しています。

備前福岡の市
場所/備前福岡の市史跡  岡山県瀬戸内市長船町福岡1588-1
開催/毎週第4日曜日8:00-11:00
FACEBOOK/https://www.facebook.com/備前福岡の市
瀬戸内Finderフォトライター 浅井克俊/アサイアサミ(ココホレジャパン)

この記事を取材したフォトライター
5882.jpg

ココホレジャパン
浅井 克俊/フォトライター 地域おこしプロデューサー・瀬戸内市地域おこし協力隊。 1974年、横浜生まれ。既婚・息子ひとり。広告代理店経て、タワーレコードに入社。 ブランドマネジメント、セール・キャンペーンの企画制作、タイアップ、ライヴイベントの企画運営などに携わる。 販促企画部部長、ライブ事業部部長を経て、2012年9月に退社。縁もゆかりもない岡山県瀬戸内市に移住。 同年10月より瀬戸内市地域おこし協力隊として活動をはじめる。 2013年7月「地域の魅力を 広告する会社」ココホレジャパン設立。 古民家再生、特産品の開発、地域ブランディングなどに取り組む。 ココホレジャパン http://kkhr.jp/   アサイアサミ/フォトライター エディター&ライター。 ジャンルは主にソーシャル、音楽、暮らし(家)。東京生まれの東京育ちが2012年にノリで岡山県瀬戸内市に移住しました。雑誌は「リンネル」「田舎暮らしの本」「クウネル」などで執筆。オモシロイ友だちの書籍なども制作しています。 またFM岡山の番組ディレクター、構成作家なども。 読ませる字から聞こえる字まで、モノヒトコトを日々かきかきしています。 ココホレジャパン http://kkhr.jp/

この記事が役に立ったらいいね!してね

イベント

全国の「ゆるキャラ」がPR

愛媛県今治市の「バリィさん」(写真右)が優勝した。2位は山口県の「ちょるる」(中央)、3位は群馬県の「ぐんまちゃん」(左)
愛媛県今治市の「バリィさん」(写真右)が優勝した。2位は山口県の「ちょるる」(中央)、3位は群馬県の「ぐんまちゃん」(左)  ※写真が大きすぎて右端の優勝者が見えない場合があります 上記写真をCLICKしてご覧ください。



全国のゆるキャラが地元の魅力をPRする「ゆるキャラさみっと2012in羽生」が埼玉県羽生市の羽生水郷公園で24、25の両日開かれ、訪れた親子連れやカップルがキャラクターと触れ合った。 25日には国内外のゆるキャラ865体の人気投票「ゆるキャラグランプリ」の結果が発表された。

詳細は↓をCLICK
産経新聞

 昨年に引き続き一部海外も含め、全国のゆるキャラ大集合!! 24、25日に開催された、さみっとには29万5000人が来場したようだ。

ゆるキャラグランプリ2012の投票結果は
       ☟をCLICKmark

ゆるキャラグランプリ2012

なお、備前市の日生カキオコ応援団のゆるキャラ「ペッカリー」は、海外部門でエントリーし、689位であった。
ペッカリー
備前市の日生カキオコ応援団のペッカリー

日生カキオコの守護神参上 13日のB―1出陣式で披露

【その後の活躍】
ペッカリーイベントで歌う'13.10.12桃太郎まつり(石山公園)
ペッカリーイベントで歌う'13.10.12桃太郎まつり(石山公園)

イベント

B―1グランプリ北九州、63団体参加し開幕

大勢の来場者でにぎわうB―1グランプリの会場(北九州市小倉北区の勝山公園で)=大野博昭撮影
大勢の来場者でにぎわうB―1グランプリの会場(北九州市小倉北区の勝山公園で)=大野博昭撮影



 全国のご当地グルメの祭典「第7回B―1グランプリin北九州」が20日、北九州市小倉北区の2会場で始まった。

 過去最多の63団体が参加し、21日までの2日間で50万人以上の人出を見込んでいる。

 午前10時から開幕イベントがあり、主催団体「愛Bリーグ」の渡辺英彦代表理事が「B―1だ!」と掛け声を上げた。前回優勝の「ひるぜん焼そば好いとん会」(岡山県)を始め、各ブースから食欲をそそる匂いが漂い、来場者たちは待ちきれない様子で列を作っていた。

 グランプリは、B級ご当地グルメによる町おこしを進める団体が中心となり、2006年から毎年1回、全国各地で開催。来場者が食べた後の割り箸で投票し、順位を競う。九州での開催は08年の福岡県久留米市に続き2回目。

(2012年10月20日19時56分)

詳細は↓をCLICKmark
読売新聞



B-1グランプリin北九州
B-1グランプリin北九州

B-1グランプリWikipedia

【参考】
岡山県はB級グルメ天国!? 歴史も長い、素晴らしき岡山B級グルメ力!
マイナビニュース

イベント

中国5県のゆるキャラ集合 東京で観光キャンペーン

中国5県への観光を呼び掛けるゆるキャラ
中国5県への観光を呼び掛けるゆるキャラ



 中国5県のゆるキャラが集う観光キャンペーンが14日、JR東京駅八重洲北口の旅行会社であり、岡山県のマスコット「ももっち」「うらっち」らが「ぜひ中国地方に遊びに来て」と、道行く人に呼び掛けた。

 一緒にPRしたのは、広島の「ひろしま清盛」、山口の「ちょるる」、鳥取の「トリピー」、島根の「しまねっこ」。全国的なゆるキャラブームもあってか、店頭に姿を現すと家族連れやカップルに囲まれ、写真撮影などに応じていた。

 5県のゆるキャラが東京で一堂に会するのは初めて。各県の東京事務所が、首都圏からの観光客誘致を狙いに共同で実施した。東京駅には全国から人が集まって来るだけに、担当者は「大きな成果が期待できる」と、観光パンフレットを配る手にも力が入っていた。
(2012/1/15 9:34)
詳細は↓をCLICK
山陽新聞

このカテゴリーに該当する記事はありません。