話題を醸(かも)す !!

報道各社のニュース記事や巷(ちまた)の話題などを 「みそやの大将」が醸します。✪
MENU
歴史

「信長の時代のように甘くない」 秀吉の書状33通発見

 羽柴(豊臣)秀吉(1537~98)が、家臣の武将、脇坂安治(わきざかやすはる、1554~1626)に宛てた書状33通が見つかった。兵庫県たつの市立龍野歴史文化資料館と東京大が21日発表した。「天下人」の書状がまとまって確認されるのは異例。天下統一や朝鮮出兵の過程での細かな指示ぶりや叱責(しっせき)を飛ばしていた様子がうかがえるという。

特集:真田太平記

 書状は秀吉の朱印を押した朱印状で、縦29~47センチ、横45~67センチ。龍野藩脇坂家の初代、安治を祭る龍野神社(たつの市)が所蔵していたが、2012年に保管先の民家の火災で一部が焦げ、消火で水損もした。市が2年後に一括購入し、東京大史料編纂(へんさん)所が修復・調査。秀吉の祐筆(ゆうひつ、書記)の筆跡や朱印から本物と断定した。

 書状は織田信長が本能寺の変(1582年)で倒れた後の約10年間分で、信長の次男・信雄(のぶかつ)や徳川家康と覇権を争った小牧・長久手(ながくて)の戦い(84年)や越中(今の富山県)の佐々成政(さっさなりまさ)攻め(85年)、九州の島津攻め(86~87年)、朝鮮出兵時(92~94年)などに関する内容。

 85年の書状は、2カ月で13通に及んだ。正親町(おおぎまち)天皇が譲位後に住んだ京都の仙洞(せんとう)御所造営に使う材木の手配を伊賀(現在の三重県北西部)で行うよう命じた安治に対し、越中出陣を望んだことや材木輸送の遅滞を再三叱責。伊賀の統治についても細かく指示し、統治がうまくいかなければ蒲生氏郷(がもううじさと)ら他の武将を派遣すると告げた。追放した近臣の一人をかくまわないよう指示し、「信長の時代のようには甘くない」とすごみも利かせていた。

 朝鮮出兵でも、「小西(行長〈ゆきなが〉)が釜山の海城を落としたと聞いたが、皆で攻めるよう申し渡したはず。早く合流して戦え」「しっかりと高麗国を治めよ」「普請などしっかり行え」と再三指示していた。

 「3月に渡海するから待っていろ」「来春(中国の)明に渡る予定である」とも記し、秀吉本人が渡海予定だったことも改めてわかった。

 編纂所の村井祐樹助教(日本中世史)は「しつこいぐらいに細かい秀吉の性格がわかる。子飼いの武将だった安治との親密さもうかがえる」と話す。豊臣秀吉文書集(名古屋市博物館編)の編集委員会委員の藤田達生・三重大教授(日本史学)は「伊賀は当時、自治の伝統が強かった。信頼の厚い安治を派遣し、指示を再三与えたことから相当に気をつかっていたことがわかる」と指摘する。

 書状は2月26日~4月10日、資料館で一般公開される。原則月曜休館。一部の書状は、編纂所が昨夏に刊行した「大日本史料 第十一編之二十七」に所収されている。(藤井匠)

     ◇

 〈脇坂安治〉 現在の滋賀県長浜市出身で秀吉に仕えた。秀吉と柴田勝家が戦った賤ケ岳(しずがたけ)の戦いで戦功を挙げ、福島正則、加藤清正らとともに「賤ケ岳の七本槍(やり)」とたたえられた。朝鮮出兵では水軍として出動。秀吉の死後、関ケ原の戦いでは徳川方の東軍に通じ、伊予大洲5万3500石に加増された。脇坂家は3代安政から、龍野藩主を明治維新まで務めた。

2016年1月21日20時16分
詳細は↓をCLICK
朝日新聞

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。