FC2ブログ

話題を醸(かも)す !!

報道各社のニュース記事や巷(ちまた)の話題などを 「みそやの大将」が醸します。✪
MENU
食と農

肥料メーカー、バカマツタケの人工栽培成功=秋の味覚が手軽に

BBOiKk0.jpg
© 時事通信社 完全人工栽培に初めて成功したバカマツタケ(多木化学提供)

 マツタケの近縁種で、似た香りと味がする「バカマツタケ」の完全人工栽培に肥料メーカーの多木化学(兵庫県加古川市)が成功した。同社によると、バカマツタケの完全人工栽培は世界初。生産体制が整えば、手軽にマツタケの風味を味わえるようになるかもしれないという。
 バカマツタケはブナ科の植物と共生して成長するキノコ。生える時期と場所を間違えたとの意味を込め、名付けられたという説がある。流通量は少なく店頭に並ぶことはほとんどないため、マツタケ専門業者も価格相場は把握していないという。
 バカマツタケの完全人工栽培の研究は、大学でキノコの研究をしていた研究員が約6年前から始めた。植物に共生させる方法は成功例があったが、菌床で完全人工栽培に成功したのは初めてで、季節を問わず供給できるメリットがあるという。
 多木化学はコストダウンや安定供給の方法をさらに研究し、3年後の事業化を目指す。マツタケ専門の販売業者によると、国産マツタケの価格は時期や産地などで異なるが、1キロ当たり約4万~5万円。多木化学の担当者は「マツタケより安く提供できるようにしたい」と意気込んでいる。 

時事通信社 2018/10/13 16:40


詳細は↓をCLICK
時事通信社





松茸の類縁といえど念願の完全人工栽培に成功したとは 素晴らしい!!

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

senrryu says..."追加情報:"
 香りや食感がマツタケにそっくりの「バカマツタケ」の室内での完全人工栽培に、肥料メーカー「多木化学」(兵庫県加古川市)が成功した。人工栽培が難しいとされていたが、同社が独自の技術で菌床を使って室内栽培にこぎ着け、3年後の商業生産を目指す。流通量が少なく<高値の花>の国産マツタケの代替に、飲食店などは「量産できれば質がいいものを安く提供できる」と期待を寄せる。
 バカマツタケはマツタケの近縁種で、マツタケと同様に生きた樹木と共生する菌根菌類のキノコ。これまで人工培養した後に林地に植えて生育させた例はあるが、室内での人工栽培はできていなかった。
 「入社後に携わった微生物の培養技術が生きた。身近なキノコとして量産体制の確立へ向けてスケールアップしたい」。完全人工栽培に取り組む同社ライフサイエンスグループの主任研究員、秋津教雄さん(43)が話す。
 大学でキノコを研究し、入社後は微生物農薬を手掛けた秋津さんを中心に、2012年に研究を開始。間もなく原基(幼体)の培養に成功したが、かさを持つ子実体(成体)まで成長させるには至らなかった。
 菌床や室温、湿度などの環境を試行錯誤して取り組んだ結果、今年4月に子実体ができているのを確認。最大で長さ9センチ、重さ36グラムと、天然物よりやや大きめに育った。12月上旬までに19本の生育が確認でき、年間を通しての栽培に道筋を付けた。現在は、大きさや形を整えるために試行中だ。
     ◇
 国立研究開発法人「森林研究・整備機構 森林総合研究所」によると、生きた樹木の根に付いて栄養分を得て菌糸を広げるバカマツタケは、有機物を分解する能力が低く、シイタケやエノキタケなどの栽培に多く使われる菌床素材のおが粉などから栄養分を得ることができないとされる。それだけに「菌床栽培に近い方法でできたことは常識はずれ」と秋津さん。
 同研究所の山中高史さん(生物機能研究担当)は「バカマツタケは養分を加えた菌床などで、キノコの原基状を形成することは知られていたが、成熟した子実体への成長は困難だった。今回は、その壁を乗り越えたもので素晴らしいことだ」と評価した。
     ◇
 マツタケの輸入量と国内生産量の合計は、近年1000トン弱(2017年は約800トン)で、ほとんどを輸入に頼っている。輸入の1位は中国で、次いで米国、カナダなど。国産は2~7%で、国産ものは外国産に比べ、一般消費者にはかなり高額だ。
 市場の反応は著しかった。多木化学がバカマツタケの完全人工栽培の成功を公表した10月、同社の株価が急騰し、一時はストップ高になるほど証券市場が動いた。投機的にも注目されている。
 加古川市内の飲食店経営者は「海外産のマツタケは国産よりも風味も食感も劣る。国産と同じような味わいのバカマツタケが市場に出回れば、手軽な食材になる」と期待。秋津さんは「バカマツタケは成長が早いのが利点。将来的にはマツタケの人工栽培にも挑みたい」と意気込む。(田辺貴司)
     ◇
 ◆メモ=バカマツタケは、マツタケのようにアカマツなどの針葉樹ではなく、ブナ科の広葉樹林に生える。マツタケより約1か月時期が早いことから、「バカ」が付けられたとの説も。香りなど味わいはマツタケ以上と珍重する地域もある。
 落ち葉がたまった場所に生えるなど、有機物を分解する能力が少なからずあることが推測されることも観察されている。
 マツタケの人工栽培は、胞子形成や成長条件に不明な点が多く、いまだに確立されていない。アカマツのある痩せた土地に生えることから、有機物を基材として生育させようとしても、発生させることは難しいとされる。過去にマツの盆栽や、試験管中で発生したとの報告はあるが、偶然の域を越えていないという。
2018年12月24日 11時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
2018.12.24 12:54 | URL | #- [edit]
senrryu says..."参考:"
 肥料や化学品のメーカー、多木化学は10月、マツタケの近縁種のキノコ「バカマツタケ」の完全な人工栽培に成功したと発表した。と言っても、このキノコを今まで聞いたり食べた記憶のある人はあまりいなかったのでは。これまでは天然物はスーパーなどの店頭ではほとんど流通しておらず、産地でもマツタケと混同されているケースもあったという。
 このバカマツタケ、マツタケの単なる「偽物」ではなく味や香りは本物と同等かそれ以上とされる。マツタケはいまだに人工栽培の技術が確立しておらず高級食材であり続けてきた。こちらのバカマツタケが人工的に量産できれば、ほぼ同じ味わいを季節と関係なく身近に楽しめるようになる。

多木化学が完全人工栽培に成功したバカマツタケ(同社提供)
 人工栽培の技術開発に携わった同社研究所の主任研究員、秋津教雄さんによるとバカマツタケは地域によっては「早松(さまつ)」と呼ばれる。マツタケより1カ月程早い8月下旬~9月下旬に生えてくるため、「寝ぼけて早く出てきたバカなマツタケ」という意味で呼ばれているとか。
 ちなみにマツタケの近縁種には「ニセマツタケ」「マツタケモドキ」も存在する。ただ秋津さんによるとこの2種は肝心の香りがほとんどしないなど風味で劣る。食べておいしいのはあくまで本家と「バカ」の方なのだという。
 バカマツタケはマツタケより特に香りが強めとされる。大きさは本家より少し小ぶりな傾向だが見た目はほぼ一緒。秋津さんによると天然物は道の駅など産地の店か、ネット通販くらいでしか出回っておらず、認知度も流通量も低いとみられる。
「生きた木と共生する生態」が人工栽培の壁に
 バカマツタケにはもう1つ、マツタケとの大きな違いがある。マツタケが針葉樹林のアカマツなどの根元に生えるのに対し、バカマツタケは広葉樹林であるブナ科の木の方に生える。両方とも生きている植物と共生する「菌根菌」というキノコに分類される。秋津さんによると、生きている植物から栄養をもらうという“マツタケ一族”の生態こそが、完全な人工栽培の実現を難しくしている理由だという。
キノコ育成に必要な「刺激」の条件解明
 実は、バカマツタケを巡っては奈良県森林技術センターも2月に人工栽培に成功したと発表している。ただ、こちらは人工的に培養した菌をブナ科の林に植えて増殖させたケース。秋津さんによると、多木化学が開発した技術はあくまで生きた植物を使わず人工的な環境下で発生させているため「完全」人工栽培としている。
 同社は約6年前に開発をスタートした。秋津さんによると、キノコを人工栽培するためには胞子から発芽した菌糸の塊である「菌糸体」を作り、そこからキノコの“赤ちゃん”に当たる「原基」を形成する。原基がようやく、普段口にする傘を持つキノコ(子実体)に成長する。キノコの“途中段階”では本来の味や香り、食感は望めないのだという。
 研究の比較的序盤で、バカマツタケの原基を人工的に発生させるところまでは成功した。ただ、難航したのが原基からキノコの形を形成する過程の再現だった。
 秋津さんによると、原基がキノコになるには変化を促す特定の“刺激”が必要となる。秋に多くのキノコが生えるのは気温の低下が条件だからで、雷も育成を刺激しているという研究事例もある。シイタケは水気があると生えてくる。こうした育成に必要な刺激条件は種類によってバラバラで、複数の条件を組み合わせる必要もある。
 シイタケなど現在栽培方法が確立しているキノコの多くは「腐朽菌」に分類され、腐った木に菌を植え付けて発生する。培養する条件を整えやすく栽培が容易なことから、比較的安価に流通しているという。
 ただ、バカマツタケはあくまで生きている木から栄養をもらい成長する菌根菌の一種。秋津さんによると、人工的な環境で育成するには野生で共生している植物とどのようなやりとりをしているか突き止めないと、発生に必要な条件が導き出せないという。
 ちなみにトリュフやポルチーニといった海外産キノコも生きた木と共生するタイプ。やはり完全な人工栽培方法が確立していないことから高級品として珍重されているという。秋津さんによると、菌根菌でも例外的にホンシメジは人工栽培が確立している。
3年後の商品化目指す
 今回突き止めたバカマツタケの具体的な成育条件は「企業秘密」(秋津さん)だが、4月には3カ月の培養期間を経て長さ9センチ、重さ36グラムのバカマツタケを収穫した。その後も育成に成功、秋津さんもその1本を味わってみた。「素材(の味)を重視して焼いて食べたが、香りの強い天然物と同じ味わい」(秋津さん)。
 今後、多木化学は自社生産に向けて準備を進め3年後の商品化を目指す方針だ。季節と関係なく生産できるため価格は天然のマツタケより安価になるとみられ、品質も安定し虫の混入も防げるという。

こんなマツタケ料理もバカマツタケで代わりに手軽に楽しめる日が来る?(写真はイメージ。提供:ゲッティイメージズ)
 今回の栽培成功は他のキノコの専門家からも評価の声が上がる。一般財団法人・日本きのこセンターの菌蕈研究所(鳥取市)の長谷部公三郎所長は「生きた植物無しでの菌根菌の栽培はこれまで難しいとされてきており意義がある。木から供給されている栄養を(特定して)与えることができたのではないか」と話す。「消費者にさえ受け入られれば、マツタケが欲しいなと思ったときに比較的簡単に入手できるようになるだろう」。
 秋津さんは当面、バカマツタケ生産の研究に専念するが「(この技術を)適用してマツタケの人工栽培の研究にも挑んでみたい」と意気込む。

2018.10.25 17:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。